zakzak

記事詳細

「少年革命家 ゆたぼん」の不登校問題から考える 就職のために大学へ…ではない教育システムの見直しを

 「少年革命家 ゆたぼん」と名乗っている10歳のYouTuberが「学校に行きたくない子は行かなくていい」と投稿したことなどがきっかけで、子供の「不登校」があらためて議論されている。

 ゆたぼんの投稿については賛否両論だ。ツイッターでも書いたんだけど、ボクとしてはこの子をだしにして稼ごうとする大人が背後にいるような気がしている。将来が心配だよ。YouTuberとして生活し続けるのも大変だろうからね。

 不登校に関しては、「年齢による」というのがボクの考えだ。義務教育である小学校や中学校で不登校というのは大問題。子供たちに基礎学力を身につけてもらう大切な期間だからね。手を抜くとろくなことにならないよ。大人になって何をやるにしても、柔軟な発想を生み出すためのベースは基礎学力なんだ。

 もちろん深刻ないじめなどやむを得ない事情があれば話は別だけど、あまり「行きたくないなら行かなくていい」とするのも考え物だよ。

 高校生や大学生なのであれば、本人の選択に任せていいと思っている。親の希望というのはあるにせよ、別に無理に通わなくたっていい。きちんとした基礎学力があれば、しっかりと稼いで生活できることの方が人生にとっては大切だからね。遊んで無駄に時間を浪費するより、実用的な技術を身につけた方がよっぽどいい。

 たとえばボクのパートナーで漫画家の西原理恵子は大学を卒業しているけど、高校時代に学校から退学処分を受けている。高校と裁判で争って、そこから独学で大学入学資格検定に合格して大学卒業まで進んだんだ。大したもんだよ。やっぱり進学するのなら、彼女のように意欲とガッツを持ってほしい。

 戦後に現状の教育システムが形成されて以降、日本は学歴社会になって、「大学生になれば出世が早い」という神話が浸透してしまった。だから自然と中学校から高校、大学と進学するのが「真っ当な道」で、そうじゃないと「落ちこぼれ」という風潮。学ぶことに消極的な人も就職のために何となく大学へ進学して学生生活をおくる。本当にそれでいいのかな。これを機会に教育システムを見直す必要があるかもしれないね。

 もう一つ、理屈や理論よりも実学を身につける方針をとるべきだろう。これからの日本を担う人材を育てる意味でも、とても大切なことだと思うね。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。著書多数、最新刊は「大炎上」(扶桑社新書)。

関連ニュース

アクセスランキング