zakzak

記事詳細

公用車に「テスラ高額電気自動車」で千葉県市川市長に批判殺到! 「税金で買うには高額すぎる」声

 果たして妥当な判断か-。千葉県市川市で、市長と副市長の公用車として、米電気自動車(EV)大手テスラモーターズのスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」(車両価格約1100万円)を導入したことで、批判が殺到している。5人乗りセダン「モデルS」も近く入札予定で、市民からは「税金で買うには高額すぎる」という声もある。市長は元民主党衆院議員でもあり、真っ最中の参院選にも影響しそうだ。

 市が導入したモデルXは3列6人乗りで、上部に跳ね上がる「ファルコンウィングドア」が特徴。環境意識の高いハリウッドセレブにも人気の高級SUVだ。

 テスラの最高経営責任者(CEO)といえば、米実業家のイーロン・マスク氏(48)。ZOZOの前澤友作社長(43)の月周回旅行でも話題になった「スペースX」を率いることでも知られる。

 超高級車導入について村越祐民(ひろたみ)市長(45)は、「新しい方向性を先進的に示していくため、電気自動車を購入した」と語っている。

 地元出身の村越氏は、千葉県議から2003年に旧民主党から衆院議員に初当選。12年には野田佳彦内閣で外務大臣政務官を務めた。同年12月の衆院選で落選。17年11月の市川市長選で最多得票となったが法定得票数に届かず、18年4月の再選挙で当選を果たした。

 「(テスラ車導入の)報道が出てから、市民などから問い合わせの電話が鳴りやまない状況だ」と市職員は打ち明ける。

 8年間のリース料は月額13万2000円と、現在の国産車の2倍を超える。導入予定の「モデルS」も、安いものでも900万円前後する。

 同市に住む20代女性は「幼いころから市川市で選挙活動をする村越市長の名前を見てきたので親しみはある。意欲的な施策を打ち出していると思うが、モデルXなどは税金で購入するにはやはり高額という印象だ」と首をかしげる。

 6月の市議会では、「導入見直しを求める決議」が賛成21票、反対20票で可決された。「見直す必要なし」という市議がいることにも驚きだ。

 導入反対派の佐直友樹市議は「村越市長は政治家としての能力は高いと評価しているが、外国車のEVを公用車にすることを『恥ずかしい』と感じる市民はいるだろう。現状の説明では、具体的な必要性が伝わってこない」と語った。

 自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は「環境への配慮という点でEVの導入が最良といえるのか疑問だ。燃料となる電気の多くは火力発電によるものなので、『ガソリン車と比べて、トータルでの二酸化炭素排出量にそれほどの差がない』という見方もある」と指摘する。

 そのうえで、「EVを導入するとしても、日産のリーフや、EVドライブモードがあるトヨタのヴォクシーなど、テスラより低価格の国産車もあり、性能も公用車として十分通用する。なぜあえてテスラのEVを選んだのかという理由が見えてこない」と批判的だ。

 市によると、村越氏は今後、記者会見を開いてテスラ車導入について説明するという。

関連ニュース

アクセスランキング