zakzak

記事詳細

夏のユニークなフェスティバル

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆様!

 寒いウラル地方に住む私たちは、毎年、忍耐力を持って短い夏が来るのを待ちます。

 こちらの天気はかなり予測不可能です。

 今年は5月の第1週が非常に暑く、気温は毎日30度まで上がっていましたが、私たちの喜びは長く続かず、今はいつものように、雨と寒い日になってしまいました(笑)。

 さて、ここ数年の私たちの夏のユニークなイベントは“ウラルミュージックナイト”と言う音楽フェスティバルです。

 それは一言で言えば“多種多様な音楽と年齢の全く異なる人々を一つにまとめた音楽祭”で、今年も先だっての6月28、29日の2日間にわたってエカテリンブルクで開催され、2500人以上のミュージシャンたちが、この音楽祭に参加しました。

 ちなみに、すべての公演は無料で、特別なモバイルアプリを使って行きたい演奏会場のルートを作成し、あなたが望むすべての場所を訪れることができます。

 演奏会場は、市内の路上、バルコニー、ホテルの窓、広場や屋上、数十のバーやカフェ、劇場の階段、図書館や公園内の古い建物など。

 さらに変わった演奏場所では、空中!?や水上ボートの上などがあり、ロック、ラップ、ジャズ、クラブミュージック、メタルからオペラや民族音楽までの多種多様なジャンルの音楽を、街のいたるところで聴くことができます。

 その中には、日本から来たゲストで、ゲーム音楽家であるDJ SUNAMORIのようなミュージシャンもいました。彼は、キモノのようなファッションに身を包み、ピカチュウのテーマをDJプレイし、ピカチュウの衣装を着たロシアのアニメファンたちと共に盛り上がっていて、それは楽しい光景でした。

 そして、今回のヘッドライナーは、あのジンギスカンでした。

 “ジン、ジン、ジンギスカ~ン”のフレーズで、40年近く前にヒットを飛ばしていたドイツのディスコグループ、ジンギスカンはロシアの私の親世代は皆知ってますので、レトロな人々で会場は大盛り上がりでした(笑)。

 このように、ロシア流のちょっと変わった音楽フェスに興味のある方は、ぜひ、来年のウラルミュージックナイトにお越しください!

 私も来年、会場で皆様にお会いできるよう、新曲を増やしてお待ちしております。

 では、ダフストレーチ(また会いましょう)!

 ■ジュリア・ミント 1994年ロシア連邦バシコルトスタン共和国生まれ。エカテリンブルクの医科大を経て、現在は大学院で眼科学を専攻する傍ら、日本人コンポーザーTAMAKIと共にノーザンスタイル・ダンスミュージック・ユニット“Crystal Mint”を結成。シンガーとして、主にヨーロッパで活動中。特技は英語、腕立て伏せ。

Instagram : https://www.instagram.com/crystalmintmusic/

Website : https://crystalmint.info/

関連ニュース

アクセスランキング