zakzak

記事詳細

まだ40代…つむじの薄い“あの人”は相当苦労してる!?

 選挙戦の最中は議員会館に来るお客さんも少なく、ヒマを持て余し気味の私たち。そんな私たちに党本部から、幹部のA氏が応援に入る都心部の街宣に動員がかかった。ちょうどお昼時なので、仲良しの秘書のBちゃんとランチを兼ねて行ってみると…。

 げげっ! しつこくA氏を追い回して、ひんしゅくを買っている“あの人”も見にきているじゃないの! 私は驚きの余り、あとずさりしちゃったわ。度胸が据わっているBちゃんは私にそっと耳打ちした。

 「ねえ、あの人、つむじが薄くない?」

 Bちゃんが指さすのは例の人の後頭部。そういえば、つむじの部分の毛がまばらで、しかも長年自分で染めていたようで、細くて紫色になっている…。

 しかし、よくまあ見つけたわね!

 「だってうちのお母さんとほとんど同じ感じなんだもん」

 ちなみにBちゃんのお母さんは71歳とか。ということは、まだ40代の“あの人”は相当苦労しているのかしら。とてもそうには見えないけど。

関連ニュース

アクセスランキング