zakzak

記事詳細

ロシアでも人気の“脱出ゲーム”

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆様!

 あなたは実生活の中で、コンピュータのロールプレイングゲームのような疑似体験をしてみたいと思ったことはありませんか?

 それはクエストで可能です。

 “脱出ゲーム”とも呼ばれるクエストは、人々がリアルに体験するロールプレイングゲームで、2014年ぐらいからロシアで流行り始め、今では、こちらでは誰もが知る人気のアクティビティーです。

 特に18歳以上で、友人と一緒にアドレナリンを出しまくりたい人や、グループで遊ぶことが好きな人にはうってつけのゲームだと言えます。

 そのルールを簡単に説明しますと、2-4人のプレイヤーが閉じ込められた部屋(それをクエストルームと呼びます)から脱出するゲームです。

 プレイヤーはお互いに協力しあって、クエストルームから脱出する手がかりを見つけ、課題に沿って謎を解いて行き、暗号を解読して、1時間以内に部屋のどこかに隠されている脱出への鍵を見つけます。

 この間ずっと、クエストのスタッフはコントロールルームからビデオカメラを使って、各クエストルームのプレーヤーの動きを見ています。どうしても次の課題をクリアできないプレイヤーは、クエストルームにある備え付けの電話からスタッフに連絡し、3回までヒントをもらうことが出来ます。

 各クエストルームはゲームのシナリオに応じて装飾が施されています。近年では、刑務所の独房、地下牢、宇宙ステーション、ホビットの家、アリス・イン・ワンダーランド、ナルニアの世界、など、いくつかの有名な映画を思い起こさせるような装飾が施されたクエストルームが人気です。

 私は、数年前に初めてクエストを訪れたことを鮮明に覚えています。その時は友達と一緒に、私たちは暗い部屋に閉じ込められました。私たちが課題を達成するために渡されたモノは、時々機能しなくなる小さな懐中電灯だけでした。

 そのため、暗闇の中、手の届くところでだけで手がかりを探していたので、なかなか課題をクリアできず、制限時間内にクエストルームから脱出できませんでしたが、日常生活をすっかり忘れた私たちは、その時はホラー映画の主人公のように興奮しっぱなしでした。

 とにかく、このような室内アクティビティーは、寒い時期が多い私たちロシア人に合っているのかもしれません!

 では、ダフストレーチ(また会いましょう)!

 ■ジュリア・ミント 1994年ロシア連邦バシコルトスタン共和国生まれ。エカテリンブルクの医科大を経て、現在は大学院で眼科学を専攻する傍ら、日本人コンポーザーTAMAKIと共にノーザンスタイル・ダンスミュージック・ユニット“Crystal Mint”を結成。シンガーとして、主にヨーロッパで活動中。特技は英語、腕立て伏せ。

Instagram : https://www.instagram.com/crystalmintmusic/

Website : https://crystalmint.info/

関連ニュース

アクセスランキング