zakzak

記事詳細

新型肺炎で“日中マスク戦争”勃発!? ドラッグストア品切れ続出…花粉・インフルに不足が深刻化

 新型肺炎をめぐり、日中「マスク戦争」の様相だ。当初は中国人客の「爆買い」が目立ったが、日本国内での感染も確認されると、まとめ買いに走る日本人も増え、東京都内のドラッグストアでは品薄や品切れが常態化している。メーカーは増産を急ぐが、今年は暖冬で花粉症シーズンも前倒しとなる可能性が高く、「マスク不足」は一段と深刻化しそうだ。

 武漢市滞在の邦人を退避させる政府の全日空チャーター機第3便は31日午前、武漢を出発した。

 第1便で帰国した邦人のうち3人の感染が確認され、うち2人は無症状だった。帰国直後の検査を拒否した2人はその後、検査を受ける意向を示したという。第2便では計26人にせきなどの症状があり入院。うち13人は検査で陰性だった。

 このほか東京都と京都市、三重県で外国籍の3人の患者が確認され、国内の新型肺炎の患者は12人となった。無症状の感染者を含めると14人。

 国内の感染が広がるなか、石油ショック時のトイレットペーパー買い占め騒動を彷彿させる事態が起きている。30日、東京駅周辺のドラッグストアでは、マスク売り場に《お一人様1日当たり合計2枚限り》と日本語と中国語で併記され、ガーゼマスク以外の在庫が消えていた。別の店舗では《本日箱マスクの入荷はありませんでした》との張り紙もあった。

 ドラッグストア大手のココカラファインでは、20~26日のマスクの売れ行きは前年比3倍だという。同社広報部によると「外国人観光客の多い免税対応店舗を中心に売り上げが伸びている。大容量や高機能のマスクが早めに売れる」という。

 衛生用品大手のユニ・チャームでは20日以降、受注量が通常の2~3倍になり、「一部で供給が間に合っていない」と同社広報室。「例年、花粉症やインフルエンザで受注が増える中で増産態勢を取ったが、新型肺炎で引き続き需要に応じて対応している」と話す。

 中国本土でもマスク問題は深刻だ。中国事情に詳しいライターの西谷格氏によると、「上海の知人は『薬局やスーパーでは手に入らない。ネットで買ってもいつ届くかわからない』と話していた。チャットアプリでも1枚30~50元(約470~780円)の高値で売られ、使用済みマスクを集めて売ろうとする人も話題だ」という。

 また、「中国のSNS上では、『N95規格』のマスクでないと効かないという話も出回っている」と西谷氏。N95規格のマスクは、0・3マイクロメートルの粒子を95%以上カットするとされ、主に医療用として用いられる。

 帝京大学アジア国際感染症制御研究所所長の鈴木和男氏は、「『N95』マスクが一番だが、息苦しくなるため通常の人は着用の必要はない。ウイルスは唾液や鼻水などと一緒に飛沫(ひまつ)感染するので、不織布のマスクで保護すればよい。ただ、鼻の部分をワイヤーで押さえるタイプであることは重要だ」とアドバイスする。

 マスクが手に入らない場合は「ドアノブなどに触れた手から感染する可能性もある。流水とせっけんで手洗いを励行してほしい」と鈴木氏はアドバイスしていた。

関連ニュース

アクセスランキング