zakzak

記事詳細

都知事選、自民は独自候補の擁立を断念 小池氏は再選出馬の明言避ける

 自民党は15日、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)で、独自候補の擁立を見送ることを決めた。再選出馬が確実視される現職の小池百合子都知事に対抗する候補が見当たらなかったことに加え、新型コロナウイルスへの対応で小池氏との連携を強める必要があると判断した。

 「新型コロナの中で、対立候補を立てて争うことがいいのかどうか」

 下村博文選対委員長は15日、党本部で二階俊博幹事長と都知事選について協議し、擁立を見送る方針を確認した後、記者団に理由をこう説明した。

 一方、小池氏は同日の定例記者会見で、都知事選へ立候補する意向を問われ、「それどころではない。コロナ対策にしっかり取り組むというのが現職としての最大の仕事なので、これに注力していく」と述べ、明言を避けた。

関連ニュース

アクセスランキング