zakzak

記事詳細

コロナ対策支援給付金遅れの「真犯人」!? 野党やリベラル系マスコミの猛反対で… 評論家の八幡和郎氏が迫る

 新型コロナウイルス対策で、政府が閣議決定した2020年度第2次補正予算案が評価されている。国の財政支出を表す「真水」が31・9兆円と、1次補正を上回る史上最大規模で、民間投資などを含めた事業規模は117・1兆円となった。ただ早速、「スピード感が足りない」などと批判も聞かれる。評論家の八幡和郎氏が第2次補正予算案を考察し、支援遅れの「犯人」に迫った。

 第2次補正予算案は、与党の要求をほとんど丸呑みしたと称されるほどで、「持続化給付金の充実」や、「店舗賃料の支援」「学生支援」「医療対策」「マイナンバー発行の迅速化」などを盛り込み、至れり尽くせりである。

 まさか自分が給付対象となるとは思わなかった、かなりの国民に高額ボーナスが支給されるのと同然になり、私の周囲でも大喜びしている人が多い。読者におかれても自分が対象になる項目がないか、チェックすることをお勧めする。

 コロナ対策で一番使いやすい「持続化給付金」は、今年のどれかの月の収入が前年の半分以下になったらもらえる。休業手当の一部を助成する雇用調整助成金は、休業しなくても減収となるケースが多くて問題だったので、持続化給付金を対策の目玉にしたのは正解だ。

 インターネットで「昨年の確定申告」と、自分で作成した「今年の収入一覧」「本人証明」を送れば2週間程度で振り込まれるという。手続きは極めて簡単で処理も迅速だ。今から申請しても、地方自治体のお役所仕事のせいで振り込みが遅れている「10万円の特別定額給付金」より先に振り込まれるかもしれない。

 持続化給付金は、窓口受託企業が電話で確認して処理しているので、スタートから1カ月もたっていないのに60万件が振り込まれた。第2次補正予算案では、サラリーマンが「雑所得」として申告していたものにまで対象が広がった。

 この事務委託先について、週刊文春が不明朗などと書いていた。これだけ莫大(ばくだい)な件数を、このスピードで処理できる人数とIT資源を備えているのは国内で2グループしかない。競争入札で1社が請け負っただけであり、スピード感は驚異的だ。

 これより迅速に処理しようとすれば、韓国並みにマイナンバーカードによる「収入」や「口座番号」「税務情報」などの一元的把握が必要だ。韓国の仕組みを取り入れたら、申請なしで振り込むことも可能だろう。

 マイナンバーと、さまざまな情報をひも付けする(=相互に結び付ける)ことは、野党や自称リベラル系マスコミの猛反対で実現しなかった。国民はいま、そのツケを払わされているのだ。

関連ニュース

アクセスランキング