首相ゆかりの地に「スガノミクス特需」! 「菅さんのパンケーキ」など売り切れ続出 唯一の著書は3万円超でネット出品 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

首相ゆかりの地に「スガノミクス特需」! 「菅さんのパンケーキ」など売り切れ続出 唯一の著書は3万円超でネット出品

 菅義偉首相ゆかりの地が祝賀ムードに色めき立っている。地元選挙区の横浜市や出身地の秋田県では、首相のイラストなどをあしらった名産菓子が売り切れ続出となった。パンケーキや著書など関連商品も人気と、「スガノミクス特需」が活況だ。

 

 菅首相の選挙区、神奈川2区に含まれる横浜橋商店街(横浜市南区)では、「菅義偉先生、首相総裁ご就任おめでとうございます」と書かれた横断幕が張られた。

 同商店街では首相就任が決まった16日に紅白まんじゅうを配り、地元の名産菓子「横浜ハーバー」に菅首相のイラストをあしらった「菅さんのパンプキンハーバー」や「菅さんのパンケーキ」「菅さんのサブレ」などを詰め合わせた「祝 I LOVE YOKOHAMA がんばれ!菅 新・総理大臣セット」などの特設売り場が設置された。

 「横浜ハーバー」を販売する「ありあけ」の広報担当者は、「反響はとても大きく、複数の売り場では午前中のうちに完売という状況が続いている。横浜橋商店街に設置した特設売り場にも商品ができ次第持っていくという状況だが、商品を置いて1時間ほどで売り切れてしまうことが多い」とうれしい悲鳴だ。

 近くに住む40代女性は「横浜橋商店街は落語家の桂歌丸さんにもゆかりがある場所。地元の顔が再び注目を集めて活気づいたような気がする」と話す。同区の弘明寺(ぐみょうじ)商店街でも首相就任を祝う横断幕が張られるなど街をあげてのお祝いムードだ。

 出身地である秋田県では、秋田市の老舗和菓子店「榮太楼」が菅首相のイラストをあしらったどら焼き「菅どら」を16日から発売。同店の担当者は「店頭に並んだ分は午前中に売り切れ、オンラインショップでの注文も発送まで2週間程度かかる」と反響ぶりを語る。

 菅首相関連商品の勢いは地元にとどまらない。国会内の売店では、16日から「スガちゃん瓦割りせんべい」が売り出された。パッケージには法政大空手部で鍛錬を重ねてきた菅氏が道着姿で「押忍(オッス)!」と正拳突きのポーズを決めたイラストが掲載され、原料には菅氏の出身地、秋田県産の米粉を使っている。製造元の「大藤」(東京都荒川区)はオンラインショップでも注文を受け付けるが、18日現在も発送まで2週間以上かかる見込みだという。

 酒を飲まない甘党として知られる菅首相。ホテルニューオータニのカフェレストラン「SATSUKI」のパンケーキは、官房長官当時の昨年10月にお気に入りとしてテレビ番組で放送されると、「週間売上数が10倍以上となり反響を呼んだ」と同社広報。首相就任後も「引き続き売り上げは好調だ」という。

 2012年3月に出版された唯一の著書『政治家の覚悟 官僚を動かせ』は総裁選前後から注目を集め、フリマアプリ「メルカリ」では、18日現在も3万円以上の高額で出品されている。文藝春秋では新書として10月19日に復刊する。

 経済効果も支持率同様うなぎのぼりか。 (内藤怜央)

関連ニュース

アクセスランキング

×