「女性はいくらでもうそをつける」発言 杉田水脈議員が認め謝罪 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「女性はいくらでもうそをつける」発言 杉田水脈議員が認め謝罪

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員は1日午後、自身のブログを更新し、党会合で「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したことについて、「発言があったことを確認した」と一転して認め、謝罪した。

 杉田氏は「うそをつくのは性別に限らないことなのに、発言で女性のみがうそをつくかのような印象を与えご不快な思いをさせてしまった方にはおわび申し上げます」と陳謝。「女性を蔑視する意図はまったくございません」と釈明した。議員辞職については「今後も表現や言い回しに気をつけ、より良い政策の立案に励む」とし、辞職しない考えを示した。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は「(杉田氏は)議員としての資質が問われている」と批判したうえで、自民党は離党を含めた処分を検討すべきだとの考えを示した。

関連ニュース

アクセスランキング

×