コロナ禍で人格異変する現象「CIAMS」 穏やかな性格が怒りっぽく、利己的な人が支援活動 医師・國松淳和氏「友人や家族とのたわいもない雑談が有効」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

コロナ禍で人格異変する現象「CIAMS」 穏やかな性格が怒りっぽく、利己的な人が支援活動 医師・國松淳和氏「友人や家族とのたわいもない雑談が有効」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、われわれのの生活は様変わりしたが、「穏やかな性格の人が怒りっぽくなった」「以前はしなかった言動が目立つようになった」など精神状態も変わってしまう例が増えている。こうした現象を「CIAMS(シャムズ)」と名付けた南多摩病院総合内科・膠原(こうげん)病内科の國松淳和(じゅんわ)部長にその理由と対処法を聞いた。

 シャムズとは、「新型コロナ感染症が誘発する精神状態の変化」を意味する「COVID-19/Coronavirus-induced altered mental status」の頭文字から國松氏が名付けたものだ。

 新型コロナ感染者数が増加し始めた今年春ごろ、自身の診療や、知人の医療関係者らの話などからコロナ禍で言動が普段と変わった人が増えていると感じ、著書『コロナのせいにしてみよう。シャムズの話』(金原出版)も出版した。

 精神状態の変化は、「急に怒りっぽくなる」など困ったことだけではなく、内容の善しあしは関係ないという。

 「SNSであまり発言しなかった人がコロナ対策の情報を積極的に発信するようになったり、自分の利益ばかり考えていた人が支援活動に精を出すようになったりした場合もシャムズを疑う余地はある。良い変化だと感心していたら、頑張りすぎて突然倒れてしまうかもしれない」と國松氏は指摘する。

 シャムズは病気ではなく、「具合が悪くなる初期の初期というイメージ」だというが、コロナ禍でなぜ増えたのか。

 國松氏は「自粛生活の中で、日常的な会話の機会が奪われてしまった。その分、重要に思える情報が増え、不安の種を抱える人が増えたのではないか」とみる。

 シャムズへの対処で重要なのは周囲の存在だ。

 國松氏は「不安な心をほぐすには、友人や家族と雑談したり、適度に聞き流せるラジオをつけるのもいいだろう。適度なざわつきや人の声には、人を落ち着かせる効果もある。周囲が『普段とは違う』と気づいたら、たわいもない雑談でいいので積極的にコミュニケーションをとってほしい」とアドバイスした。

関連ニュース

アクセスランキング

×