中国公船4隻が尖閣接続水域に 領海内に過去最長57時間超 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

中国公船4隻が尖閣接続水域に 領海内に過去最長57時間超

 第11管区海上保安本部(那覇)は14日朝、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域で、中国海警局の公船4隻を確認した。うち1隻は機関砲のようなものを搭載している。領海に近づかないよう巡視船が警告している。

 11日午前から領海内に侵入していた中国公船2隻は13日午後8時19分から相次いで退去し、外側の接続水域に出た。領海内の滞在時間は57時間39分となり、2012年9月の尖閣国有化以降、最長となった。

 加藤勝信官房長官は13日、領海侵入について、「誠に遺憾。現場で退去要求を繰り返すとともに外交ルートで中国側に厳重に抗議している」と記者会見で述べた。

関連ニュース

アクセスランキング

×