【痛快!テキサス親父】米大統領選、トランプ氏はバイデン氏の疑惑追及で形勢逆転狙う 左傾化メディアは「トランプ政権批判」「民主党の宣伝」に必死も…米国民はバカじゃない (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

米大統領選、トランプ氏はバイデン氏の疑惑追及で形勢逆転狙う 左傾化メディアは「トランプ政権批判」「民主党の宣伝」に必死も…米国民はバカじゃない (1/2ページ)

 米大統領選(11月3日投開票)に向けた最後のテレビ討論会が22日夜(日本時間23日午前)、南部テネシー州ナッシュビルで開かれる。投票日までに残された唯一の直接対決で、劣勢とされる共和党候補、ドナルド・トランプ大統領(74)にとっては、民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)から一発逆転を狙うチャンスといえる。逃げ切りを図るバイデン氏に直撃した疑惑は焦点となるのか。米主要メディアの「トランプたたき」「報道しない自由」はどうか。「テキサス親父」こと、米評論家のトニー・マラーノ氏が現地情勢と、日米関係の今後について報告する。

 ハ~イ! みなさん。ご無沙汰しています。

 米大統領選の投開票まで2週間を切った。俺はすでに事前投票をすませたぜ。今回の選挙は、どちらが勝っても、1776年の建国以来、最も重要な選挙になるだろう。

 バイデン氏の公約を見ると、「所得税、法人税の大規模増税」「賃金引き上げと労働者の権利拡充」「不法移民の市民権獲得へ工程表作成」「5年間で5億枚の太陽パネル設置」などが並んでいる。習近平国家主席率いる中国が大喜びしそうな中身だぜ。

 俺は、彼を担ぐ民主党の最終目標は、米国を資本主義経済から社会主義/共産主義計画経済に転換することだと思っている。

 えっ? 「自由・民主」「人権」「法の支配」を掲げる米国で、そんなことが可能なのかって?

 米国では1960年代以降、極端な左傾化が進んできた。幼児期から大学院生まで、一貫した「リベラル毒」を植え付ける教育がされてきたといえる。フェイク・ニュースを垂れ流す主要メディアの多くは左傾化しており、「トランプ政権批判」と「民主党の宣伝」に必死だ。

 米国では、ソーシャルメディアも問題だ。

 ニューヨーク・ポストが先週、バイデン氏の次男が外国企業から多額の報酬を得ていた疑惑などを報じた。ところが、フェイスブックは「ファクトチェックが終わるまで」として記事の表示回数を減らし、ツイッターはホワイトハウス報道官の私用アカウントを凍結したという。

 こうした傾向は、日本も似ているそうだな。ファクトチェックが大好きな左派メディアがあるらしいじゃないか。

 「アメリカファースト(米国第一主義)」を掲げて、中国共産党政権と激しく対峙(たいじ)しているトランプ氏が選挙に勝つには、いくつもの高いハードルを乗り越えなければならない。主要メディアによる世論調査で、バイデン氏の支持が10ポイントほど多いのは、ある意味、当然かもしれない。

 ただ、米国民はバカじゃないぜ。

 バイデン氏の集会は、新型コロナウイルス対策もあって、参加者が50人以下というのが大半だが、トランプ氏の集会には、どの地域でも数千人が参加し、会場の外は、入場できない人々であふれている。

 多くの都市で、トランプ氏を応援する数千台の車や、何百台のバイクが自然発生的に集まっている。「リベラルの巣窟」とされるカリフォルニア州ビバリーヒルズや、ニューヨーク市マンハッタンでも、トランプ氏を応援する集会やデモが行われた。これらは従来、「サイレントマジョリティー(静かなる多数派)」と呼ばれていた人々の行動なんだ。

関連ニュース

アクセスランキング

×