“サウナ市長”が公私混同を謝罪 「持病緩和のためだった」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

“サウナ市長”が公私混同を謝罪 「持病緩和のためだった」

 市長室がまるでスポーツジム-。大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が、庁舎内に私物の簡易サウナやトレーニング器具を持ち込み使用していたことが23日分かった。市長は「持病の緩和とリハビリのためだった。公私混同と思われる行動だった。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪したが、きんに君もビックリだ。

 冨田市長によると、スポーツ障害の後遺症やヘルニアがあり、昨年4月の着任後から昨夏ごろにかけて、自転車型トレーニング器具やストレッチ器具、施術用ベッドを市長室の隣の市長控室に設置し、治療の一環として昼休みに使用していた。

 今年9月には自宅にあった簡易サウナを事務所スタッフらと搬入。市長は「3日に1回くらいの頻度で昼休みに約20分間、着衣のまま入って汗を流し体温を上げ、首や腰の痛みを緩和していた」と説明。サウナは既に撤去されたという。

 市長は一連のトンデモ行動について「公務に励むため」と繰り返し弁解。一方で「疑念を生じさせてしまい、公人としての認識が甘かった」と述べ、器具などの使用にかかった光熱費を算出し返金する意向を示した。

 冨田市長は大阪維新の会で顧問を務める。維新代表の松井一郎大阪市長は「合間で運動するというのであれば、辞職まではいかないのではないか」との認識を示した。

関連ニュース

アクセスランキング

×