韓国で「脱北ユーチューバー」人気 若者の視点で北の暮らし紹介、南北のゲーム事情比較なども - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

韓国で「脱北ユーチューバー」人気 若者の視点で北の暮らし紹介、南北のゲーム事情比較なども

 韓国に定住し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で個人チャンネルを開設する北朝鮮脱出住民(脱北者)“脱北ユーチューバー”が増えている。特に若者が北朝鮮の社会や暮らしを紹介する動画が人気。南北の男女の愛を描いた韓国ドラマ「愛の不時着」も追い風だ。

 「北朝鮮で話題になった韓国製品トップ5」「北朝鮮のクリスマス」…。北朝鮮北東部・清津(チョンジン)出身のカン・ナラさん(23)が約10分の動画で紹介するテーマは多様だ。若者視点で親しみやすい軽妙な語り口が持ち味。ちなみに話題の韓国製品1位は美容パックという。

 チャンネル登録者数は約24万人。数十人いるとされる脱北ユーチューバーの中でも元駐英公使の太永浩(テ・ヨンホ)さんにほぼ並び上位に食い込む。

 カンさんは先に韓国に亡命した母の後を追い、2014年に脱北。中朝国境を流れる鴨緑江を渡り、タイを経由して韓国入りした。「北朝鮮は行ってみないと分からない国。一般市民が何を食べ、どこで買い物をするかなどニュースにならないことを話すから喜ばれるみたい」と話す。

 動画が学校の授業で教材として使われることも。南北関係が改善し、自由に往来できるようになった時に備え「私の動画が役立てばうれしい」。

 07年に中朝国境を流れる豆満江(トマンガン)を越え脱北、ラオスなどを経由し韓国に来た朴有成(パク・ユソン)さん(29)は「北朝鮮の男」と題したチャンネルを運営。主に中高生向けに南北のゲーム事情比較など軽いコンテンツも織り交ぜ約12万人の登録者を獲得した。「話したいことを気兼ねせずに話せるのがユーチューブの魅力」という。

 会社員の韓国人、金秀夏(キム・スハ)さん(27)は「愛の不時着」を見て実際の北朝鮮の暮らしが知りたくなり、脱北者の動画を見始めた。「自分が考えていた北朝鮮とは違っていて面白い。想像していたような貧しいだけ(の生活)ではないみたい」

関連ニュース

アクセスランキング

×