韓国法相と検事総長の対立激化! 検事総長が行政訴訟検討、解任に発展も - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

韓国法相と検事総長の対立激化! 検事総長が行政訴訟検討、解任に発展も

 韓国の法相と検事総長の対立が激化している。職務義務違反や権限乱用をしたとして秋美愛(チュ・ミエ)法相が尹錫悦(ユン・ヨクソル)検事総長を職務停止としたことに対し、尹氏が命令の無効や中止を求める行政訴訟を検討していると韓国メディアが報じた。

 秋氏が求めた尹氏の懲戒処分については、早ければ来週にも懲戒委員会が開かれる見通し。懲戒委員の人選には法相の意向が強く反映される仕組みで、解任や免職、減俸などの処分の中でも厳しい判断が下される可能性が高い。

 革新系与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は25日、国会でも尹氏を追及する考えを表明した。

 韓国メディアによると、尹氏は24日の職務停止後も検察庁に出勤することが認められているが、25日は庁舎に出向かず、検事総長の職務は次長検事が代行しているという。

関連ニュース

アクセスランキング

×