【ニュースの核心】世界の主導権握ろうとする習政権 中国「TPP参加意欲表明」の狙いはアジア太平洋の分断だ (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

世界の主導権握ろうとする習政権 中国「TPP参加意欲表明」の狙いはアジア太平洋の分断だ (1/2ページ)

 大統領選をめぐる米国の混乱が続くなか、中国が外交攻勢を強めている。

 習近平国家主席は11月20日、オンラインで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)で演説し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加について「前向きに検討する」と述べた。直前の15日には、15カ国による地域的な包括的経済連携(RCEP)にも署名した。一方、王毅国務委員兼外相は24日に来日し、茂木敏充外相や菅義偉首相と会談した。

 一連の積極的な外交は、何を意味しているのか。

 米国はドナルド・トランプ大統領の訴訟攻勢で次期大統領が確定せず、国際社会における求心力を低下させている。米国不在の間隙を突いて、中国は外交の発信力を高めて「主導権を握ろう」という思惑があるのは、明白だ。

 だが、いまや中国共産党の「邪悪な本性」は世界に知れ渡っている。国有企業に膨大な補助金を流し込み、世界中で知的財産を盗みまくっている中国が「自由貿易を推進する」などと言っても、額面通りに受け止める国はない。

 そもそも、TPPは単なる通商協定ではない。当初から「アジア太平洋の平和と安全を脅かす中国を抑え込む」という「裏の使命」を帯びていた。ただ、そう宣言したら、中国が逆上するので、表向きは「自由貿易を支持するなら、どの国も大歓迎」という建前を掲げていた。

 今回の参加前向き表明にも、頭から拒絶する国はない。かといって、歓迎するかと言えば、歓迎もしていない。シラケているだけだ。

 なぜ中国は、見え透いた善人ぶりを発揮してまで「TPPに入りたい」などと匂わせたのか。問題はそこだ。

 私は「アジア太平洋の分断が狙い」とみる。残念ながら、アジアの中には「チャイナ・マネー」をあてにして経済を運営する国がある。カンボジアやラオスなどだ。逆に、南シナ海の領海権をめぐって中国と激しく対立する国や中間的立場の国もある。

 中国が署名したRCEPには、「親中」のカンボジア、ラオスのほか、フィリピン、ブルネイ、ミャンマーなど微妙に立場が揺れる国も加わっている。ブルネイはTPPにも参加しているが、カンボジア、ラオス、ミャンマーは加わっていない。米国はTPPを推進していたのに、トランプ政権で脱退してしまった。

関連ニュース

アクセスランキング

×