北朝鮮、コロナ対策で平壌の出入り遮断 税関幹部らは処刑か - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

北朝鮮、コロナ対策で平壌の出入り遮断 税関幹部らは処刑か

 北朝鮮が今月に入り、新型コロナウイルス対策として中朝国境沿いの都市や港湾都市を相次ぎ封鎖し、首都平壌(ピョンヤン)への出入りも遮断したとみられることが27日、明らかになった。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は15日の党会議で国境封鎖を一層強化するよう指示していた。

 北朝鮮は国内にコロナ感染者は一人もいないと主張する一方、極端な防疫措置を導入。税関幹部らが処刑されたとの情報もある。感染リスクが高まるとされる冬に入り、経済難と同時に緊張が高まっているもようだ。海水を通じたコロナ流入を恐れ、沿岸での漁業や塩の生産を禁じるなど「非合理的」な措置も取られているという。(共同)

関連ニュース

アクセスランキング

×