岸信夫防衛相に単独インタビュー! 「中国の尖閣領有は断じて受け入れられない」 自衛隊について「果敢に組織を引っ張る覚悟」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

岸信夫防衛相に単独インタビュー! 「中国の尖閣領有は断じて受け入れられない」 自衛隊について「果敢に組織を引っ張る覚悟」

 岸信夫防衛相(61)が、夕刊フジの単独インタビューに応じた。自衛隊は、新型コロナウイルスの感染拡大で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)する自治体に看護官を派遣し、新潟県では豪雪で立ち往生した多数の車の救助活動を行うなど、日々奮闘している。一方で、日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増すばかりだ。日本をどう守り抜くのか。大臣就任から3カ月、その覚悟を聞いた。

 

 「わが国の防衛という崇高な任務に1日24時間365日、精励する隊員たちに恵まれ、光栄だ。感謝の言葉しかない」

 岸氏は東京・市ケ谷の防衛省でこう強調した。

 コロナ禍で、通常なら自衛隊病院で勤務する看護官が、北海道旭川市や大阪府に派遣され、医療支援を続けている。

 岸氏は「自衛隊病院の運営も厳しいが、できる限り、感染拡大抑止に万全を期したい」と語る。

 こうしたなか、岸氏は14日、中国の魏鳳和国務委員兼国防相とのテレビ会議形式の会談で、「沖縄県・尖閣諸島は、歴史的にも国際法上も疑いのない日本の領土である。日本が有効に支配しており、解決すべき領有権の問題は存在しない」「(中国軍や中国公船が)東シナ海などで、力を背景に一方的に現状変更を試みるのは国際社会の強い懸念材料になっている」などと強い警告を発した。

 岸氏は発言の真意について、「尖閣については、現状の懸念を伝えるだけでは不十分だと考えた。そこで、歴史的な経緯なども伝えた。『中国側が領有権を主張するのは断じて受け入れられない』と、率直に繰り返し伝えることが、今後、両国で意思疎通を図る土台となり、何よりも重要だと考えた。魏国防相も認識されたのではないか」と語った。

 軍事的覇権拡大を進める中国に対峙(たいじ)するため、日本と米国、オーストラリア、インドは戦略対話「QUAD(クアッド)」の連携を深めている。

 岸氏は「QUADは『自由で開かれたインド太平洋』というビジョンを実現するためにも非常に良い対話の場となる。米国とは、新政権誕生後も日米同盟を基軸に抑止力や対処力を強化しながら、望ましい安全保障環境をこの地域に創出し、地域の安定と繁栄につなげたい」と強調する。

 世界の軍隊が新型コロナで活動を制約されるなか、日米豪印4カ国は11月、アラビア海などで海上共同訓練「マラバール」を実施した。

 岸氏は「ウイルスの感染拡大に気を付けながら、自衛官は他国との実動訓練に果敢に挑み、防衛協力をめぐる知見を共有し、対処のノウハウを蓄積してきた。私もこんな頼もしい隊員と同じく、果敢に組織を引っ張っていく覚悟だ」と語った。 (報道部・村上智博)

関連ニュース

アクセスランキング

×