【ニュースの核心】英国のTPP参加の意味、対中包囲網で中国への牽制強化か “親中路線”からの決別も - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

英国のTPP参加の意味、対中包囲網で中国への牽制強化か “親中路線”からの決別も

 英国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を表明した。これとは別に、英メディアは、英国が、日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国で構成される安全保障枠組みである「QUAD(クアッド)」に参加する可能性についても報じている。一連の動きは何を意味するのか。

 私は「欧州連合(EU)を離脱した英国の生き残り策+中国に対する警戒感の高まり」とみる。とりわけ、重要なのは中国ファクターだ。地理的に遠い英国といえども、経済と安全保障の両面で「中国の野望を放置できない」と懸念を強めているのだ。

 TPPはその名の通り、アジアと太平洋を取り巻く11カ国で2016年に発足した。域外からの参加表明は英国が初めてだ。当初は参加するはずだった米国が、ドナルド・トランプ政権の下で17年に離脱しただけに、英国だけでなく、TPPにとっても存在感を高める好機になる。

 それだけではない。

 英国の参加によって、「自由」と「民主主義」「法の支配」「人権」「市場経済」といった理念を共有する国々の協定というTPPの性格が一層、明確になる。それはとりもなおさず、中国への牽制(けんせい)強化でもある。

 中国も昨年11月、TPPへの参加を検討する、と表明した。もしも、共産党が経済を統制する独裁国家の中国が参加したら、TPPの性格が一変しかねなかったが、英国であれば、心配はない。

 TPPとともに注目されるのは、クアッドへの参加である。クアッドはもともと、安倍晋三前政権が「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」を実現するために、提唱した。こちらも対中牽制が狙いである。

 日米安保条約など米国を軸にした個別の2国間協定と並んで、インド太平洋の最重要な枠組みとして、19年に立ち上がった。米国のジョー・バイデン大統領も、菅義偉首相との電話会談で、クアッド強化に言及した。

 そこに、英国が加わるとなると、これ以上、頼もしい「援軍」はない。というのは、英国はもともと米国、オーストラリアなどとともに、機密情報の共有枠組みである「ファイブ・アイズ」のメンバー国であり、かつ欧州の一員であるからだ。

 中国の習近平政権が今後、影響力浸透工作の主戦場をインド太平洋から欧州に移した場合でも、英国が迎え撃つ形になる。つまり、クアッドはインド太平洋だけでなく、欧州も視野に入れた「拡大版クアッド」に事実上、バージョンアップするのだ。

 英国は15年、習氏の訪英を受け入れ、エリザベス女王がバッキンガム宮殿で会談するなど大歓迎した。今回の動きは、当時の親中路線からの決別を意味する。中国に打撃なのは、言うまでもない。

 ファイブ・アイズには、日本の参加が取り沙汰されている。一方、カナダやニュージーランドがクアッドに加われば、クアッドとファイブ・アイズはインド以外の加盟国が同じになる。英国に続いて、中国包囲網はさらに拡大する可能性もありそうだ。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務めた。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。ユーチューブで「長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル」配信中。

関連ニュース

アクセスランキング

×