【昭和のことば】キンチョーのテレビCMで浸透 「トンデレラ、シンデレラ」(昭和52年) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

キンチョーのテレビCMで浸透 「トンデレラ、シンデレラ」(昭和52年)

 研ナオコが出ていたキンチョーのテレビCMのセリフである。なるべく使いたくない「殺生」に関することばをユーモラスなダジャレで表現、研ナオコの達者ぶりも相まって、人気のCMになった。

 殺生だけでなく、美醜、体重に関する表現など、昨今は「炎上案件」の名のもとに、何かとことばが粛清される傾向にある。「強いことばや忌み嫌うことばはユーモアで」というのは、ぜひ覚えておきたい、われわれが通ってきた道なのだ。

 この年の主な事件は、「東京・品川で、青酸コーラ無差別殺人事件発生」「ロッキード事件、丸紅ルート、全日空ルート初公判」「たばこ『マイルドセブン』発売」「初の静止気象衛星『ひまわり1号』が打ち上げ」「プロ野球巨人の王貞治が通算756号本塁打達成、国民栄誉賞受賞」「米海兵隊ジェット偵察機、横浜市緑区の民家に墜落」「日航機が日本赤軍にハイジャックされ、ダッカ空港に強行着陸」「社会市民連合結成(代表・江田五月ら)」「アメリカ軍立川基地全面返還」など。

 山下泰裕が、19歳の最年少で柔道日本一。樋口久子が全米女子プロゴルフ選手権で初優勝した。映画は『幸福の黄色いハンカチ』や『八甲田山』、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』などがはやった。

 ことばは時代を映す鏡だ。わかりやすく物事を伝える。表現をやわらげやさしく伝える。われわれはこの葛藤と何十年も闘っている。

(中丸謙一朗)

 〈昭和52(1977)年の流行歌〉 「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)「北国の春」(千昌夫)「勝手にしやがれ」(沢田研二)

関連ニュース

アクセスランキング

×