【昭和のことば】朝丘雪路の大きな胸を「からかって」呼んだ言い方 「ボイン」(昭和42年) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

朝丘雪路の大きな胸を「からかって」呼んだ言い方 「ボイン」(昭和42年)

 昭和の秘密兵器的なことばである。元祖・お嬢さまタレント朝丘雪路が亡くなったのは3年前。愛嬌(あいきょう)のある天然キャラとかわいらしいお色気で、歌やドラマ、バラエティー番組などで活躍、多くの層に支持された。

 この「ボイン」とは、日本テレビ系の深夜番組「11PM」で、司会の大橋巨泉がアシスタントを務めていた朝丘雪路の大きな胸を「からかって」呼んだ言い方である。ボインちゃん、嘆きのボイン、ヒゲとボイン、などなど。その後、ボインということばは、ずいぶんと発展していった。当時の成人男子だけなく、子供にもじんわりと染み付いていった流行語であった。

 この年の主な事件は、「第2次佐藤栄作内閣成立」「東京都知事に美濃部亮吉が当選」「公害対策基本法公布」「四日市ぜんそく患者が石油コンビナート6社を相手に提訴」「三派系全学連反対デモで学生1人死亡(第1次羽田事件)」「吉田茂没、戦後初の国葬」「小笠原返還を明示した日米共同声明発表」「都電銀座線など9系統廃止」「テレビ受信契約数、2000万突破」など。

 本は大江健三郎『万延元年のフットボール』、多湖輝『頭の体操』。映画は『日本のいちばん長い日』。テレビでは『スパイ大作戦』がはやった。ユニバーシアード東京大会開催。グループサウンズブームの頂点にザ・タイガースが立ち、巷では「フーテン族」が生まれた。

 大きな胸を表すことばはその後、デカパイ、巨乳、爆乳が生まれた。美醜、大小、貧富の表現に敏感なご時世。残念だが、たぶん、もう打ち止めである。 =敬称略(中丸謙一朗)

 〈昭和42(1967)年の流行歌〉 「ブルー・シャトウ」(ジャッキー吉川とブルーコメッツ)「世界は二人のために」(佐良直美)「小指の想い出」(伊東ゆかり)

関連ニュース

アクセスランキング

×