五輪直前に“日米防衛連携強化”の理由 岸防衛相と米司令官が会談 「同盟の絆」強調 識者「中国の横暴許さない強い覚悟」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

五輪直前に“日米防衛連携強化”の理由 岸防衛相と米司令官が会談 「同盟の絆」強調 識者「中国の横暴許さない強い覚悟」

 岸信夫防衛相は12日、核抑止力を担当する米戦略軍のチャールズ・リチャード司令官と防衛省で会談した。習近平国家主席率いる中国共産党政権は、軍事的覇権拡大を進めており、核兵器開発も加速させている。「平和の祭典」である東京五輪の開会式(23日)が迫るなか、「日米同盟の絆」をアピールする狙いもありそうだ。

 「米戦略軍との連携を強化し、日米同盟の抑止力や対処力を強化することが不可欠だ。特に、核抑止やミサイル防衛作戦を極めて重視している」「日本の平和と安全にコミット(関与)していることに感謝する」

 岸氏は、リチャード氏と防衛省で会談し、こう語った。

 リチャード氏は「日米同盟は、この地域と世界の平和と安定の礎だ」と応じた。2人の意識の先には当然、中国がある。

 中国の習氏は1日、共産党創建100年の祝賀大会で、「国を強くするには必ず軍を強くしなければならない。世界一流の軍隊をつくり上げる」と演説した。

 現に、米情報機関を統括する国家情報長官室(ODNI)が4月に発表した年次報告書によると、中国軍は近代化を急速に進めており、核戦力では今後10年間で核弾頭の保有数の倍増を目指しているという。

 リチャード氏は12日、茂木敏充外相とも会談し、日米両国で情報保全やサイバーセキュリティー分野での連携強化に努める方針も確認した。

 茂木氏はこの日、中国がオランダ・ハーグの仲裁裁判所の判決を無視して、南シナ海で覇権拡大を続ける現状を「国際法に従った、紛争の平和的解決の原則に反し、法の支配を損なっている」と批判した。

 日米の連携強化に合わせるように、米海軍第7艦隊のミサイル駆逐艦「ベンフォールド」は同日、南シナ海の西沙諸島周辺で「航行の自由」作戦を実施し、中国への対抗姿勢を鮮明にした。

 福井県立大学の島田洋一教授(国際政治)は「日米の一連の動きは、東京五輪直前というタイミングでも、東・南アジア地域に『力の空白』を決して生じさせず、『中国の横暴を許さない』という強い覚悟を目に見えるかたちで打ち出したもので、高く評価できる」と語っている。

関連ニュース

アクセスランキング

×