五輪開会式、平均世帯視聴率56・4% バッハ氏スピーチから徐々に下降 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

五輪開会式、平均世帯視聴率56・4% バッハ氏スピーチから徐々に下降

 23日夜にNHKで生中継された東京五輪開会式の平均世帯視聴率が56.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、速報値)をたたき出した。直前まで関係者が相次いで辞任する事態に関心が高まったようだが、その後のメダルラッシュで各競技の視聴率も好調が続く。

 夏季五輪の開会式では1964年東京五輪の61.2%に次ぐ高視聴率。瞬間最高視聴率は選手の入場中など3回で61.0%となった。しかしIOCのバッハ会長がスピーチを始めたあたりから徐々に下がり始める皮肉な結果も。

 競技中継では、22日のサッカー男子「日本-南アフリカ戦」後半の25.1%、高藤直寿(28)が金メダルを獲得した24日の柔道男子60キロ級決勝が24.2%。25日に五輪史上初の兄妹同日金メダルの快挙を果たした柔道の阿部一二三(23)と阿部詩(21)の中継も21.6%と高視聴率を記録した。

関連ニュース

アクセスランキング

×