ワクチン2回目接種後の死亡77事例の服用薬 何の薬か医師が解説する (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

ワクチン2回目接種後の死亡77事例の服用薬 何の薬か医師が解説する (1/2ページ)

 新型コロナワクチンの2回目接種まで終えた人は約2900万人(7月20日時点)を数えるが、それとともに「打った後」のデータも積み上げられている。厚労省の最新の公表資料には接種後に命を落とした人が生前、どんな基礎疾患を抱え、どんな薬を服用していたかが記されている。

 7月21日に厚労省が公表した資料「新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要」によれば、2回目の接種後の死亡例は214件。この資料では、因果関係の評価が出ていないケースも含め、死因のほか、基礎疾患の有無や詳細、服用薬などが記載されている。

 これらは、ワクチン接種時の「予診票」に記されていた内容だという。基礎疾患や服用薬について事前に確認し、かつ、死亡後に情報を公表しているのはなぜか。厚労省健康局健康課予防接種室の担当者が言う。

 「基礎疾患がある方で病状が重い場合は『接種要注意者』として医師に相談してもらうためです。(死亡事例に基礎疾患や服用薬を入れているのは)安全性に関する情報周知のためで、接種を受ける人には参考にしていただきたいと思います」

 本誌・週刊ポストは適切な判断のための材料として、2回目接種後に死亡した214人のうち、予診票に服用薬について書き残した77人の記載内容を一覧表に整理した。

 まず、死亡した人が服用していた薬を、記載が多かった上位10種(同じ有効成分の薬は同一のものとして集計)まで列挙する。

 ●アムロジピン、ノルバスクほか…12人

 ●バイアスピリン、アスピリン腸溶錠ほか…11人

 ●マグミット、酸化マグネシウムほか…10人

 ●クロピドグレル、プラビックスほか…8人

 ●フロセミド、ラシックスほか…7人

 ●ランソプラゾールほか…5人

 ●カロナール、アセトアミノフェン錠ほか…5人

 ●カルボシステイン、ムコダインシロップほか…5人

 ●ビソプロロールフマル酸塩錠、メインテートほか…5人

 ●ニフェジピン、アダラートほか…4人

 いずれも高血圧などの生活習慣病や、風邪症状の緩和に処方される一般的な治療薬だ。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師が語る。

 「アムロジピンはカルシウム拮抗薬というタイプの降圧剤で、カルシウムの細胞への流入を抑え、血管の収縮を防いで血圧を下げる働きをします。抗血小板薬のアスピリンは血液が固まるのを抑えます。狭心症や心筋梗塞・脳梗塞後の再発予防として用いられる。主成分は異なりますが、クロピドグレルも同様に抗血小板薬です」

 高血圧の人に処方されやすい薬では、利尿薬のフロセミド、ラシックスも7人が服用していた。国際医療福祉大学病院教授の一石英一郎医師はこう指摘する。

 「体内の過剰な水分を尿として排泄するので、むくみ改善にも使われます。加齢で心肺機能や筋力が低下し、血行不良で足がむくむ高齢者が多いためです」

 酸化マグネシウム、マグミットは便秘薬だ。

 「便の水分バランスを改善して排便を促す、便秘症向けの薬です。加齢とともに腸の働きが低下し、便を押し出す力が弱くなることで、高齢者は便秘になりやすい。65歳以上から接種が始まったことと関係があるのではないか」(同前)

 5人が飲んでいたランソプラゾールは胃腸薬。

 「胃潰瘍や逆流性食道炎の患者さんに処方されるメジャーな薬です」(同前)

 高齢者に限らず、多くの人に身近な薬で記載があったのが、解熱鎮痛剤のカロナール、アセトアミノフェン錠だ。

 「発熱時の解熱だけでなく、頭痛や腰痛、筋肉痛など幅広い痛みに使われます。副作用が少なく、高齢者でも安全に使えるとされています」(同前)

 コロナワクチンの副反応による発熱対策としても広く服用されており、成分のアセトアミノフェンが使われる市販薬は、各地で品薄状態になったことが報じられた。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×