日本選手への誹謗中傷“野放し”の中国 五輪憲章に反する暴挙も 国内の不満そらす狙いか 石平氏「政権批判は厳しく監視、取り締まりは朝飯前」 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

日本選手への誹謗中傷“野放し”の中国 五輪憲章に反する暴挙も 国内の不満そらす狙いか 石平氏「政権批判は厳しく監視、取り締まりは朝飯前」 (1/2ページ)

 東京五輪の日本人メダリストが、SNS上で誹謗(ひぼう)中傷を受けている。卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手や、体操男子個人総合で金メダルをつかんだ橋本大輝選手など、中国勢を下したアスリートが、中国語で攻撃されるケースも目立ち、捜査当局も注目している。習近平国家主席率いる中国には、ネット監視部隊とサイバー攻撃部隊が存在する。万が一、中国絡みの発信とすれば、なぜ放置しているのか。中国共産党の最高指導部が今月開催する「北戴河会議」や、来年2月に開幕する北京冬季五輪とも関係があるのか。

 

 「言いたいことだけ言ってアカウントを消したみたいですが、あまりにも悪質な誹謗中傷は全てスクショしていますし、関係各所に連絡を行い然るべき措置を取ります」

 水谷選手は7月31日、自身のツイッターで、こう宣言した。

 SNSでの攻撃は、日本語で「死ね」「カス」という言葉を連続投稿したものや、中国語で「露骨なルール違反(中略)それが日本のスポーツマンシップだ」「汚れていてもいいから、楽しい時間を過ごしている小日本人を祝福してあげてください」など多数ある。橋本選手にも、中国語で「盗んだメダルで大満足」という書き込みが多発した。

 バドミントン男子ダブルスで、中国ペアを下して金メダルを獲得した台湾ペアにも、中国語の批判が殺到しているという。いずれも許しがたい。

 日本の捜査当局は、サイバー犯罪に目を光らせている。

 警察庁に、広域捜査や国際捜査を担う「サイバー攻撃対策室」を設置するほか、警視庁にも「サイバー犯罪対策課」を置いている。サイバー攻撃や不正アクセス、フイッシング詐欺だけでなく、ネット上の中傷も深刻な事案だ。海外の情報治安機関や、ICPO(国際刑事警察機構)との連携など、国境を越えた捜査協力も進めている。今回の誹謗中傷について、警視庁は「被害届が出れば対応する」との方針を示している。

 一方、中国は厳格なネット監視態勢を敷き、共産党政権に都合の悪いキーワードが拡散していないか日々チェックしている。サイバー攻撃でも世界屈指のレベルにある。

 中国当局が、ネット世論を操作するために雇った「網絡評論員」という仕事がある。政権に有利な書き込みを投稿するほか、共産党批判に容赦なく集団攻撃を行う。かつては書き込み1本で5毛(約8円)の報酬が支払われたため「五毛党」と呼ばれた。規模は数百人に及ぶという。

 このほか、中国には人民解放軍のサイバー軍である「第61398部隊」や、ネット規制を所管する「国家インターネット情報弁公室」など公式の組織もある。

 中国事情に詳しい評論家の石平氏は「中国当局は、共産党政権への批判を厳しく監視している。その気になれば、日本人選手への批判の取り締まりは朝飯前だ」と指摘する。

関連ニュース

アクセスランキング

×