亡命の美女選手が成田から出国 ベラルーシで広がる不穏な空気、ウクライナで亡命者支援団体代表が死亡 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

亡命の美女選手が成田から出国 ベラルーシで広がる不穏な空気、ウクライナで亡命者支援団体代表が死亡

 東京五輪陸上女子ベラルーシ代表の美人アスリートの亡命問題で、亡命を求めていたクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が4日、人道的査証(ビザ)を発給したポーランドに向けて成田空港を出発。

 ベラルーシのルカシェンコ大統領は民主化運動弾圧など強権支配を続けるが、ツィマノウスカヤは3日、AP通信に「帰国すれば罰を受けると明言された。選手生活を続けたい」と語った。ツィマノウスカヤの夫は反政権派運動との関わりを否定している。

 ベラルーシをめぐっては不穏な空気が広がる。ウクライナでベラルーシからの亡命者を支援するグループ代表の男性が、ウクライナの首都キエフの公園で死亡しているのが発見されたのだ。

 男性は首をつった状態で発見されたが、ウクライナ警察は自殺を装った殺人の可能性もあるとみている。

アクセスランキング

×