ZAKZAK for mobile

佐世保少女の暴走放置した父の世間体 「弱さが子供への甘さに…」

ニュースカテゴリ:政治・社会

佐世保少女の暴走放置した父の世間体 「弱さが子供への甘さに…」

更新

佐世保警察署を出る少女を乗せたワゴンカー。いまだつぐないの言葉は聞かれていない  長崎県佐世保市の県立高校1年の松尾愛和(あいわ)さん(15)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同級生の少女(16)の父親の責任論が議論の的になっている。漂白剤混入にネコの解体、さらには金属バット事件を起こした少女の“暴走”を止めることなく、1人暮らしをさせ、悲劇は起きた。専門家は「子供の壁になれない、甘い父親像が浮かび上がる」と指摘している。

 「少女は別人格を作って、その人格になりきって供述しているようだ。『人を殺してみたかった』『人体に興味があり、殺してバラバラにしたかった』などという供述も、とうとうと話していて、善悪の感情をなくしているようにみえる」(捜査関係者)

 長崎地検は1日、少女の精神鑑定を実施する方針を固めた。心の闇の解明は今後の捜査に委ねられるが、小学校時代からたびたび「危険な兆候」を発していた少女。小学6年のときには、勉強していることをバカにされたことに腹を立て、同級生の給食に漂白剤や洗剤などが混じった液体を5回にわたり混入。「ネコを解剖したことがある」とも供述している。

 こうした少女のことを常に気にかけていたというのが、昨年10月に病死し、市の教育委員も務めた母親だった。「少女は母親のことが大好きで、母親はいつも少女のことを心配していた様子だった。母親が亡くなり、少女の今後を心配していた人は多い」(知人)

 そして、母親の死後の今年3月、少女が就寝中の父親を金属バットで殴り、大けがを負わせる“大事件”が起きた。だが、この一件は公にならず、翌月、少女は松尾さん殺害の現場となった佐世保市のアパートで1人暮らしを始めるのだ。

 関係者は「1人暮らしは表向きには留学準備といっているが、実はこの金属バット事件がきっかけになったようだ」と話す。

 殺人事件前の6月10日には、少女の様子を危惧した精神科医が、「佐世保こども・女性・障害者支援センター」(児童相談所)に、少女の名前を明かさず「このままいけば人を殺しかねない」と、連絡していたことが明らかに。関係者によると、精神科医は父親にも事件を起こす危険性を直接伝えていた。不安定な少女とは対照的に、新妻との新生活をスタートさせた父親の姿は、周囲には異様に映ったという。

 地元の名士という父親はどんな人物だったのか。

 「とにかく金持ちで明るい性格の人。佐世保市内の高級住宅街にある豪邸には、自らの好きな言葉『夢いつまでも 自由に生きて』と書いた石碑がある。50歳を過ぎてから有名大学に通い、トライアスロンのサークルに所属したり、法律講座に参加したりと、若い人たちとも積極的に交流し、活動的な人だった」(父親を知る関係者)

 金属バット事件から間もなくの5月、父親は30代前半の女性と結婚。関係者によれば、女性とは東京の婚活パーティーで出会ったといい、「派手な美人で佐世保にはいないタイプ。2人で手をつないで歩く姿が近所で見かけられていた。5月末にはお披露目パーティーを開き、妻の写真やプロフィルを配ったようだ」。

 この間、1人暮らしの少女は高校にも登校せず、ぶらぶらしていた。なぜ、父親は事態を放置してしまったのか。

 「父親の責任は大きい」と指摘するのは、教員経験が長い東京学芸大教職大学院の今井文男特命教授だ。

 「少女は好奇心の強いタイプで、洗剤混入やネコの解剖なども好奇心の強さからの行動だろう。人を殺しても『やってみたいことをやった』という感じで、反省はしていない様子がうかがえる。問題が起きたときに、父親が『ダメなものはダメだ』ときちんと伝えたのか疑問だ」と指摘する。

 そして、「金属バットの一件も矯正施設に入れるなど事件として処理すべきだった。父親は、子供にとっての『壁』になり、いい意味での怖さを持って向き合わないといけないときがある。父親の生活の中で弱さがあり、そのことが子供への甘さにつながり、何でも許してしまったのではないか」と続ける。

 逮捕後、「父親のことは尊敬している。母が亡くなって寂しかったので新しい母が来てくれてうれしかった」などと弁護人に語ったという少女。残虐な事件を前に、あるべき父親像が大きくクローズアップされている。

ランキング