ZAKZAK for mobile

【賞賛される日本】フィリピン・ルソン島で経験した神風特攻隊の慰霊祭

ニュースカテゴリ:政治・社会

【賞賛される日本】フィリピン・ルソン島で経験した神風特攻隊の慰霊祭

更新

笑顔で日の丸行進を続けるフィリピン・バンバン村の子供たち  ★(2)

 「君たちは、カミカゼのパイロットを尊敬しているのですね?」

 私(井上)が尋ねると、屈託のない笑顔でフィリピンの女子高校生たちは答えた。

 「もちろんです! だって、あの人たちはヒーローですもの」

 2000年10月25日、フィリピン北部ルソン島にあるタルラック州バンバン村で催された神風特別攻撃隊の慰霊祭に参列した女子高校生たちは皆、日本の神風特攻隊を“ヒーロー”とたたえてくれたのだ。

 1944年10月25日、関行男大尉率いる「敷島隊」の零戦5機が250キロ爆弾を抱いて、ルソン島のマバラカット飛行場を飛び立った。レイテ湾の米空母部隊に体当たり攻撃を行い、敵に大打撃を与えた。神風特別攻撃隊の始まりである。

 敷島隊の出撃日を記念して、マバラカットとバンバンで日本人が度肝を抜くような、盛大な慰霊祭が催されたのだ。式典を取材していた地元記者のジョジョ・マリグ氏(25)はいう。

 「この式典は、日本とフィリピンの関係を知るよい機会です。私自身、カミカゼについて多くの書物を読みましたが、その尊い命を国家にささげた関大尉は“英雄”だと思います」

 冒頭に紹介したバンバン村の慰霊祭には、学校単位で学生たちが参列していた。地元のサン・ロック高校の女学生の1人は、神風特攻隊を「Brave!」(勇敢)といい、こう続けた。

 「フィリピンにも英雄はたくさんいます。ですから私たちも神風特攻隊という日本の英雄を大変尊敬しています」

 引率の男性教師は「こうした歴史教育を通して、子供たちに国を守ることの大切さを知ってほしいのです」と語った。

 そして、日本からの慰霊団が会場を去ろうとしたとき、驚嘆すべき出来事がおこった。

 濛々と立ちあがる砂ぼこりとともに、「日の丸」の小旗を振る子供たちの一団が押し寄せてきたのだ。わが目を疑った。弾けるような笑顔と歓声にあふれた子供たちの「日の丸行進」は途切れることはなかった。この光景を目の当たりにして、私はもはやこみ上げる感情を抑えきれず、嗚咽を漏らしてしまった。

 マバラカットの式典に参加していた画家のダニエル・ディゾン氏は、自宅に「カミカゼ・ミュージアム」を設けて、神風特攻隊の顕彰を行っているフィリピン人だ。

 「35年前、私は神風特攻隊の本を読んで涙が止まらなかったのです。当時、白人は有色人種を見下していた。日本は『世界のあらゆる人種が平等であるべきだ』として戦争に突入していった。神風攻撃隊は、白人の横暴に対する最後の抵抗だったのです。こんな勇気や忠誠心を聞いたことがなかった。同じアジア人として、このような英雄を誇りに思います」

 私の手を握って、ディゾン氏は続けた。

 「神風特攻隊をはじめ、先の大戦で亡くなった多くの日本軍人をどうか敬ってほしい。これは私から日本の若者たちへのメッセージです」

 アジアは中国・韓国だけではない!

 アジアには親日国家・フィリピンがいる!

 ■井上和彦(いのうえ・かずひこ) 軍事ジャーナリスト。1963年、滋賀県生まれ。法政大学卒。軍事・安全保障・外交問題などをテーマに、テレビ番組のキャスターやコメンテーターを務める。航空自衛隊幹部学校講師、東北大学大学院・非常勤講師。著書に「国防の真実」(双葉社)、「尖閣武力衝突」(飛鳥新社)、今回の連載のもとになった「日本が戦ってくれて感謝しています−アジアが賞賛する日本とあの戦争」(産経新聞出版)など。

ランキング