ZAKZAK for mobile

“小池新党”59議席の大躍進 都議選予想、ドン率いる自民23議席激減で第3党転落の苦境

記事詳細

“小池新党”59議席の大躍進 都議選予想、ドン率いる自民23議席激減で第3党転落の苦境

 東京都議会の定例会が22日始まったが、小池百合子知事を支持する、地域政党「都民ファーストの会」(小池新党)の勢いは止まらない。千代田区長選で支援候補が圧勝した流れのまま、夏の都議選(6月23日告示、7月2日投開票)でも快進撃は続きそうなのだ。選挙プランナーの松田馨氏に議席予測を依頼したところ、定数127のうち小池新党は59議席を確保し、最大会派に躍り出る。一方、「都議会のドン」こと内田茂都議率いる都議会自民党は58議席から23議席に激減し、第3党転落もあり得る大苦境だという。

<< 下に続く >>

 「消費者、業者のために市場の安全・安心を確実に守らなければならないという思いを、さらに強くした」「(移転の可否は)専門家会議、市場問題プロジェクトチームの議論を踏まえ、市場の持続可能性もきちんと検討し、総合的に判断していく」

 小池氏は22日午後、都議会本会議での施政方針表明で、都民・国民が注視する築地市場から豊洲新市場への移転問題について、こう語った。

 本会議はこの後、豊洲問題を検証する調査特別委員会(百条委員会)の設置案を全会一致で可決した。豊洲の土地購入を決めた石原慎太郎元都知事の証人喚問が注目される。各会派の百条委員会への対応は、夏の都議選にも直結しそうだ。

 小池氏も戦闘意欲を高めている。16日の記者会見で、記者から「小池新党」は都議選で単独過半数を目指すのかと問われ、小池氏は「目標は高く、現実は着実にといったところかと思う」と言い切った。

このニュースのフォト

  • (1)東京都議選の結果と予測議席数(2月23日現在)
  • (2)2017年東京都議選の当落予測(2月23日現在)

ランキング