zakzak

記事詳細

札幌に別れ…大谷、英語であいさつ「米国でもっと成長できる」

 プロ野球日本ハムからポスティングシステムによる米大リーグ、エンゼルス移籍を決めた大谷翔平選手(23)が25日、札幌市の札幌ドームのグラウンドに設置されたステージで、約1万3000人のファンを前に記者会見に臨んだ。

 冒頭、英語であいさつした。その上で「これだけ自分を支えてくれる方がいると実感するだけで、米国でもっと成長できる気がする」と話し、新人時代からプロ5年間を過ごした日本ハムの本拠地に別れを告げた。

 来季は本場でも異例の投打の「二刀流」を継続する。入団会見が2012年12月25日だった同選手は「ここで教えられたことを向こうでもやりたい。みんなから(世界で)一番だねと言われる選手を目指す上で今に集中したい」と力強く決意を語った。

 この日球場は無料開放され、日本ハムの栗山英樹監督も同席した。大谷選手は会見後、エンゼルスの新背番号17のユニホームに袖を通し、栗山監督相手にマウンドから投球した。同監督に「世界一の選手になることを信じている」とのメッセージを添えられたプレートを贈られ、近藤健介捕手ら日本ハム選手から花束を手渡された。

 大谷選手はアリゾナ州テンピで行われる来春のエンゼルスのキャンプで、バッテリー組として2月14日に始動する。それまでは国内で自主トレーニングする見通し。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング