zakzak

記事詳細

貴乃花親方に前例なき処分、加害者側と同等に協会「矛盾ない」 報告書で浮かび上がった言動の“理由” (1/2ページ)

 大相撲の元横綱日馬富士関(33)による暴行事件をめぐり、被害者である貴ノ岩関(27)の師匠、貴乃花親方(45)=元横綱=に対し、日本相撲協会は28日、初の理事解任処分を決議した。同日に公表された貴乃花親方の責任を指摘した報告書では、「別の部屋の力士だったら報告したかも」など初めて親方本人の弁明内容が明らかにされ、これまでうかがい知れなかった言動の“理由”が浮かび上がった。一方、鳥取区検は同日、元日馬富士関を鳥取簡裁に略式起訴した。

 報告書によると、貴乃花親方は10月26日、負傷した貴ノ岩関を見て事件発生を把握。当初は「『酔っ払って転んだ』旨の説明を受けたが、傷の状況から事件性が疑われ、一般人を巻き込んでいる可能性もあるため、警察に相談した方がよい」と考え、3日後の同29日に警察に被害届を出したという。

 この対応に対し、同協会危機管理委員会の高野利雄委員長は「深刻な緊急事態の発生を認識した以上、協会に第一報をすべきだった」と指摘した。

 また、被害届を出すまでの間について貴乃花親方は、「私に話せない事情があるのではないか。親方としては弟子の言うことは信じてやらなければならない」と考え、事件の詳細を把握できなかったと説明。協会に対しては、「別の部屋の力士だったら報告したかもしれないが、自分の弟子のことだから調べようと思った」「事態の把握をしなければ協会には報告のしようがなかった」と明かした。

 高野氏はこうした点については「師匠が弟子に事情を問いただせないという関係は本来あり得ない」と指摘。「結局、何らの事情も把握できないまま事態を放置した」とし、問題の長期化、深刻化の大きな原因になったとした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング