zakzak

記事詳細

グルメ男の断食トレ!レジェンド葛西、45歳の挑戦に直撃 「大好きなワインおあずけです」 (1/2ページ)

 2月9日に韓国・平昌(ピョンチャン)で冬季五輪が幕を開ける。前回の2014年ソチ五輪で、男子スキージャンプのラージヒル個人で銀メダル、同団体で銅メダルを獲得し「レジェンド」と呼ばれる葛西紀明(45)=土屋ホーム=は、世界記録を更新する8大会連続冬季五輪出場が濃厚だ。悲願の金メダル獲得を目指す“生きる伝説”を直撃した。(飯田絵美)

 2017年11月5日の全日本選手権(札幌大倉山ジャンプ競技場)の男子ラージヒルで8大会ぶりに優勝。同25日のノルディックスキーW杯ジャンプ第2戦(フィンランド・ルカ)の団体では、日本チームの一員として3位となり表彰台を射止めた。ベテランは平昌へ着実に階段を上っている。

 ジャンプは体重が成績に直結するデリケートな競技だ。葛西はときに体重管理のために、1回につき3日間ほどの『断食』を採り入れていることで知られる。

 「ベスト体重で試合(W杯第2戦)に挑みました。いま、58・5キロです。断食をした? はい、そうですね」

 11月の海外遠征中に断食を実施したと明かした。今シーズンに入ってから3キロの減量に成功している。シーズンオフならともかく、体に日々高い負荷をかけているトップアスリートが試合で戦いながら食事制限をするのは、すさまじく過酷だろう。

 「がっちりと体を絞らなきゃいけない。それを維持しなきゃいけない。おいしいものは食べられないです。おあずけです」

 ソチ五輪直後の2014年2月22日、12歳年下の怜奈(れいな)さんと結婚。料理上手でマッサージ師の資格を持ち、「レイチェル」と呼ぶ愛妻が、カロリーを抑えた特製野菜スープを作り支えてくれている。だが、地元・北海道の新鮮な海の幸や肉、乳製品を思う存分食べることができないことには、寂しさを隠せない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング