zakzak

記事詳細

パットは打ち終わったあともボールの右側を見続ける 頭を動かすのは絶対ダメ (1/2ページ)

★貞方章男(2)

 パッティングに悩んでいる人に「どうすれば入るようになるのか?」と聞かれることがあります。そういう方を見るとほとんど同じミスを犯しています。それは、ヘッドアップなど頭が動いてしまうことです(写真〔1〕)。ボールの行方が気になるのは分かりますが、ひどい人になると、インパクト前から顔が上がっています。

 昔から「カップインは目ではなく、耳で確認しろ」などといわれていますが、頭を動かすというのは絶対にやってはいけないこと。頭を動かすと肩も動いてしまうので、ストロークの途中でヘッドの軌道が変わってしまうからです(真っすぐではなくインサイドに出てしまう)。

 そうならないためにも、打ち終わったあともボールを見続けることが大事です。それも、ボールの真上ではなく、ボールの右側(同〔2〕)を見続けることをお勧めします。そうすれば最後まで頭を残せるようになるはずです。

 もう一つ、アマチュアゴルファーのパッティングで気になるのが、構えたときのボールの位置です。基本的に軌道の最下点でボールをとらえたほうが、フェースをスクエアに戻しやすく、その分、方向性も安定するので、ボールは体の真ん中に置くのがベストです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング