zakzak

記事詳細

貴乃花親方は「落選ではなく一石を投じた」 理事選惨敗の真相を支援者が激白「選挙することが目的で受かる気なかった」 (1/3ページ)

 日本相撲協会の理事選(2日投開票)に立候補したものの2票しか集められず惨敗した貴乃花親方(45)=元横綱=は翌3日、京都府宇治市の龍神総宮社で豆まきに参加した。同神社は毎年春場所(今年は3月11日初日=エディオンアリーナ大阪)の際、境内に貴乃花部屋の宿舎が置かれる“第2の本拠地”。随一の支援者で同神社の祭主、辻本公俊(よしとし)氏(65)が夕刊フジの取材に応じ、貴乃花親方の本音を代弁した。(聞き手・海野慎介)

 --理事選について貴乃花親方と話をしたか

 「『1票入ったんか?』と聞いたら、『そうです』と言っていたよ。もともと選挙する(投票に持ち込む)ことが目的で、受かる気なかったと思う。なあなあでは時代に沿った話ができないから」

 《貴乃花一門が貴乃花親方と阿武松親方(56)=元関脇益荒雄=の2人を擁立することを決定したのは、立候補届け出のわずか2日前。これ以前に定員10人に対し、他の5つの一門から9人が立候補することが確定していた。貴乃花一門が候補を1人に絞っていれば、無投票で決着し落選の屈辱を味わわずに済んだ。しかし貴乃花親方は、理事は各一門の間の談合ではなく、各親方個人の自由意思によって選ばれるべきとの考えから、投票実施にこだわった。自身の落選は覚悟の上。むしろ、貴乃花親方に投票した者が自身以外に1人いたことが収穫だったというわけだ》

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング