zakzak

記事詳細

貴ノ岩“Xデー”にも姿を見せず 貴乃花親方「地道なリハビリを続けております」

 元横綱日馬富士の暴行事件で頭部に大ケガを負い、2場所連続休場で十両に落ちた貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=は、やはり姿を見せなかった。

 両国国技館内の相撲診療所で5日から始まった健康診断。6日は貴乃花部屋所属の力士の番だったが、貴景勝、貴源治と新十両貴公俊の3関取らが姿を見せただけだった。

 5日はテレビ各局の取材もOKだったが、6日以降はNGとすることを日本相撲協会が前日に通達。各テレビ局は「貴ノ岩が来るから規制するのではないか」と色めきたったが肩すかしだった。

 貴ノ岩は、昨年11月2日に九州場所宿舎を構える福岡の田川市役所を表敬訪問したのを最後に、公の場に姿をみせていない。

 師匠の貴乃花親方は部屋のホームページで貴ノ岩について「本人は深刻なダメージを負い、後遺症の心配もあるため、これまでは受傷部分の検査治療に多くの時間を費やしてきました」と説明。

 「現在はようやく体を動かすことができるようになり、地道なリハビリを続けております」と3月11日から始まる春場所(エディオンアリーナ大阪)での復帰を目指しているとしている。

 貴ノ岩は3日に京都の春場所宿舎で行われた節分祭も不在で、11日の大相撲トーナメントは休場。来週の全力士を対象とした研修会と献血も欠席する可能性が高い。

 本来なら初場所全休で幕下降格となるところだったが、春場所は特別救済措置として十両最下位にとどまる。とはいえ、負け越したら幕下に落ちる位置。早く体調を整えて春場所に臨みたいところだ。

関連ニュース

アクセスランキング