zakzak

記事詳細

飛ばすためにどこで力を入れるか ダウンスイングで上から下に、重力使ってスピード上げろ (1/2ページ)

 【今週の質問】力み過ぎていると、腕が振れなくなって思ったほど飛ばないというのは感覚としてわかるのですが、でも飛ばす人はどこかで力を入れているから飛ぶのだと思います。一体どこで力を使ったらいいでしょうか。

 レッスン書でよく見かけるのは、「インパクトした後に加速させろ」というアドバイスだ(写真〔1〕)

 名手の中には「ゴルフはフォローで打つもの」などという人がいる。フィニッシュに向けて振り抜くことを勧めるためのアドバイスだと思う。

 ただ、これを本当にやったらどうなるか。どんどんグリップが目標方向に流れていってフェースは開いてくる。フォローは大きくなっていくので一見いいような感じだが、逆にフォローばかりが大きすぎるスイングとなる。やり過ぎるとシャンクになりそうだ。

 それなら、インパクトで力を入れれば飛ぶか。当たる瞬間にグッと力を込めてグリップを握りしめれば、力強いインパクトにはなるかもしれないが、体が硬直して振り抜いていけない。これではヘッドスピードを減速させているようなものだ。

 このタイプの人に向けてあるのが、「フォローで加速しろ」というアドバイスなのだが、一時的には効くアドバイスであったとしても、続けているとどうなるかは先述の通りだ。

 やはり飛ばすためにはスイングのスピードを上げなければならない。そのためには、重力を使って上から下へ振っていくのが最も効率的である。ダウンスイングにスピードがないと、そのあとで強く振ろうとしても複雑になるだけで、なかなか細かいことはできないものだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング