zakzak

記事詳細

貴公俊、付け人殴り流血させる 出番の伝達遅れに立腹か 18日の取組後

 日本相撲協会は18日、東十両14枚目の貴公俊関(20)=貴乃花部屋=が支度部屋で、付け人を務める同部屋の序二段力士を複数回殴打したほか、峰崎部屋でも昨年9月ごろから今年1月にかけて、力士が弟弟子を4回にわたり殴る暴行事案があったことを明らかにした。

 貴公俊は取組前に付け人が出番を伝えるタイミングが遅かったことに立腹したとみられる。協会は19日に本人から詳しく事情を聴くとともに臨時理事会を開いて対応を協議する。峰崎部屋の力士による暴行のうち2回は、昨年の元横綱日馬富士による傷害事件の発覚後に起きており、角界の根深い暴力体質が改めて問われそうだ。

 貴公俊は春場所8日目の18日、取組の前に、土俵に向かうように付け人が声を掛けるタイミングが遅れたことに立腹し、取組後に戻った支度部屋で暴言を浴びせながら顔面を殴打したとみられる。関係者によると、付け人は口から流血していたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング