zakzak

記事詳細

イニエスタの帰国にファン「金返せ」 “契約通り”も…高額チケット購入者は納得いかず!?

 突然の帰国は“契約書通り”だった。サッカー元スペイン代表で空前の推定年俸30億円でJリーグにやってきたMFアンドレス・イニエスタ(34)=神戸=が28日に突然一時帰国した。

 初先発した同日のホームでの柏戦では、後半37分に退くまで見事なボールさばきやパスで見せ場をつくった。ゴールこそなかったが、神戸は1-0の完封勝ち。柏相手の勝利はなんと6年ぶり。イニエスタ効果で「勝ち点3を取れて喜んでいる」と本人も充実感を漂わせた。

 しかし試合終了2時間後、“事件”が起きた。神戸が公式サイトで「イニエスタが一時帰国します」と発表。8月初旬にアンナ夫人(31)、長女ヴァレンリアちゃん(7)、長男パオロくん(3)、次女シエナちゃん(1)と一緒に再来日するという。

 そのため、8月1日のC大阪戦、同5日のFC東京戦の欠場は決定的だ。イニエスタ効果でアウェーのチケットもほぼ完売。どのスタジアムでも1枚1万円近い最も高い券種が売れているのが特徴で、完売すれば1試合で6000万円近い売り上げになる。イニエスタが出場しないからといってチケットの払い戻しは不可能だ。

 イニエスタの一時帰国は神戸のオーナー企業、楽天と結んだ契約書通りだったという。欧州リーグは8月終わりから9月初めにかけて開幕するので、この時期の日本の酷暑の中でプレーするのは避けたいのも本音だろう。イニエスタが初めて覚えた日本語が「アツイ」だったという。

 それでもW杯終了後すぐ来日したのは、神戸のホームゲームが2試合続いたため。“顔見せ”の短期来日だったことは「神戸の選手たちも知っていたようだ」(Jリーグ関係者)が、イニエスタ見たさに高額チケットを購入したファンは納得できないだろう。

 「最初から一時離日することがわかっているのに、それを隠しているのはどういうことか。そうことなら先に言ってくれよ。金返せ」と言いたくなるはずだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース

アクセスランキング