zakzak

記事詳細

巨人・原監督、ナカジ溺愛 背番号、開幕1軍確約…特別待遇だらけ

 オリックスから自由契約となっていた中島宏之内野手(36)が22日、巨人との契約に合意。入団会見に同席した原辰徳新監督(60)は、歳月をかけて円熟させた“ナカジ愛”をほとばしらせた。

 入団交渉で即断。年俸1億5000万円の1年契約を結んだ中島は、東京ドームでの会見で満面に笑みを浮かべ、巨人入りの決め手を語った。

 「原監督の言葉、それだけです。『いいときも悪いときも一緒に助け合って戦おう』、『一緒のタイミングで入団して一発やってやろう』という思いを伝えてもらった」

 まるでプロポーズだ。今オフに中島が野球協約の制限を上回る減額提示を拒み、オリックス退団を決断すると「真っ先に自分の気持ちを伝えた」と原監督は明かした。

 「中島選手…、僕はいつも『ナカジ、ナカジ』と(呼んできた)。他球団であっても、なぜか人なつこい彼と会って話すのが楽しみで。メジャーに行ったときもメール、電話で『頑張れ』という間柄」。西武時代の中島に対戦相手でも惜しみなく助言を送り、日本代表を率いた2009年のWBCでは、経験のない2番打者に据え大会連覇。10年以上の相思相愛の末、「同じチームの一員になったことは大変満足」と顔を紅潮させた。

 溺愛ぶりの表れが、自由契約から拾った選手には破格といえる特別待遇の数々。「ナカジは5番が似合う」という直感から、今季加入のゲレーロが背負った「5」を説得して譲らせ、中島を「一ケタの番号をいただいて、驚きとうれしさでいっぱい」と感激させた。

 さらに「往々にして新チームになって張り切りすぎる。体に異状をきたすことがあっては困る」との心遣いから、「キャンプ、オープン戦で結果が芳しくないときでも、コンディションがよかったら必ず1軍からスタートさせる。一生懸命な義務感の中で練習しないでいいよ、ということは言った」と早くも開幕1軍確約を公言した。

 中島が主に守る一、三塁は、今季巨人の4番に定着した岡本、米大リーグ・パドレスで今季20本塁打の新助っ人ビヤヌエバらと、守備位置が重なる。だが指揮官は代打やバックアップ要員でなく、「中心選手として戦ってくれることを期待しています」と熱弁。中島が生まれた1982年に歌手デビューした原監督の名曲ばりに、「どこまでも愛」が止まらない。(笹森倫)

関連ニュース

アクセスランキング