zakzak

記事詳細

小林陵侑、日本男子初の4連勝! シーズン7勝目で葛西抜く ノルディックスキーW杯ジャンプ

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は4日、オーストリアのインスブルックで伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(ヒルサイズ=HS130メートル)が行われ、小林陵侑(22)=土屋ホーム=が合計267・0点で、ジャンプ週間3連勝。同時に日本のジャンプ男子で初のW杯4連勝を飾った。

 今季、通算ともに7勝目で、W杯のシーズン勝利数では6勝の葛西紀明(土屋ホーム)を上回り日本男子で単独最多となった。

 1回目で最長不倒の136・5メートルを飛んで首位に立ち、2回目もトップの131メートルをマーク。完勝で1997-98年シーズンの船木和喜以来日本勢2人目のジャンプ週間総合優勝にも前進した。

 2回ともヒルサイズを越える大飛躍だったが、小林陵は「難しかった。(簡単そうに)見えるのなら良かった」と胸をなでおろした。インスブルックの会場はすり鉢状の構造の影響で、風の向きや強さが安定しない。「風がめまぐるしく変わる台。すごく運に左右される」と小林陵。ベテランの葛西も「一番難しい。ここを勝てれば、次も勝つ」と大きなハードルになるとみていた。

 ジャンプ週間総合優勝は、4戦計8回の飛躍の合計点で競う。2戦を終えた時点でわずか2・3点差(飛距離換算で1・5メートル以下)だった総合2位のアイゼンビヒラー(ドイツ)との差を一気に45・5点に広げた。67回目を数えるジャンプ週間で史上3人目の完全制覇にもあと一歩だ。

 注目度は増すばかりだが「あまり考えていない。一本一本、いいジャンプをしたい」。今季急成長のジャンパーが独走状態を築いた。

アクセスランキング