zakzak

記事詳細

お一人様3万円で…元貴ノ岩“異例づくし”の断髪式 「10年会いません」元貴親方も来る!?

 付け人に暴力を振るった責任を取り昨年12月に引退した元幕内貴ノ岩(28)の断髪式が、2月2日に両国国技館で開催されるが、会費3万円で一般ファン約100人が参加しマゲにハサミを入れるという、異例の形で行われる。“アノ人”が姿を見せるかどうかも注目の的だ。

 千賀ノ浦部屋のホームページでは「長年お世話になった皆様方に『お挟み』を頂戴したくご案内申し上げます」と一般ファンの参加を募集中。

 断髪式と、国技館内の大広間で開かれるパーティーに参加できて会費3万円。一般のファンが国技館の土俵に上がれる機会はまずない。その上、断髪までできるとなれば、好角家にはたまらない。すでに数件の申し込みが入っている。

 さらに「女性の方もどうかよろしくお願いします」と呼びかけているところがユニークだ。

 土俵上は女人禁制とあって、過去には元大関千代大海(現九重親方)の断髪式で母親が土俵の横からマゲにハサミを入れた例があり、今回も同様の形をとる。

 千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は「250~300人へ招待状を送っている。あまりギュウギュウ詰めにするとお客さんに申し訳ないので、400人ぐらいに抑えたい。招待状の返信によって、(一般ファン枠は)何人になるかわからない」と説明。友人、知人、後援者などの招待客がおおむね300人、応募による一般ファン枠は約100人になる見通しだ。

 かつて元大関把瑠都が2014年2月の引退相撲で、角界史上初の試みとして「断髪に参加できる権利」を10万円で限定10人(男性のみ)に発売。今回は「本人の希望だったので『いいよ』と言いました」と千賀ノ浦親方は明かしたが、元把瑠都のときに比べると格安になる。

 引退相撲は通例、1億円ともいわれる親方名跡を買う費用を稼ぐ興行でもあり、マゲにハサミを入れる招待客は「ご祝儀」を払う。平幕力士なら平均10万円程度とみられ、角界に残らない元貴ノ岩にとっては、第二の人生への資金集めの場となる。

 また、約半年間の準備期間を取るのが普通で、引退からわずか2カ月で行うのは珍しい。

 入門時から長く師匠だった元貴乃花親方の花田光司氏(46)には招待状を送っているものの、10日現在返信はないという。

 元弟子の起こした暴行に怒った花田氏はテレビに出演した際、元貴ノ岩とは連絡を取っていないと明かし、「10年は会いません」と“勘当”を突きつけた。しかし、貴乃花部屋にとって関取第1号力士でかわいがっていただけに、花田氏周辺では「何だかんだ言って、(断髪式に)行くと思う」との声も根強い。

 ただしマゲに最後の“止めばさみ”を入れるのは、昨年九州場所の1場所だけ師匠だった千賀ノ浦親方と決まっている。

 最後の晴れ舞台実現のために、両国国技館の使用許可を日本相撲協会に求めるなど奔走した千賀ノ浦親方は「(引退発表から)時間があまりなかったのでバタバタですよ」。断髪式が無事に終わるまで落ち着かない日々となりそうだ。(塚沢健太郎)

関連ニュース

アクセスランキング