zakzak

記事詳細

17歳天才少女が台頭! アマンダ・アニシモワ16強、大坂のライバルに 全豪オープン

 大坂なおみ(21)の快進撃と元女王セリーナ・ウィリアムズ(37)=米国=の復活優勝に注目が集まる全豪オープンで、世界ランク87位、まだ17歳のアマンダ・アニシモワ(米国)が次々とシード選手を破りベスト16に進出。近い将来、世界ランク1位を目指す大坂の最大のライバルとして台頭してきた。

 米ニュージャージー州生まれ。両親はロシア人で、彼女が生まれる2年前によりよい生活を求めてロシアから米国に移住した。姉の影響で2歳でテニスを始め2016年プロデビューした。

 身長180センチ。足が速く、コートカバー力が抜群。信じられないほど正確で強烈なショットを相手コートにたたき込む。3回戦では今大会11シードのアマンダ・サバレンカ(20)=ベラルーシ=を6-3、6-2で撃破した。大坂とともに次の時代を担うとされるサバレンカに何もさせないテニスで欧米メディアを仰天させた。

 セリーナ以来の米国のスターを求めていた米テニス界は「この若さでの活躍は1993年のジェニファー・カプリアティ以来」と大喜び。女子テニスは現在、トップ10にいる選手がほぼ全員世界ランク1位を狙える群雄割拠時代。そこに名乗りをあげたアニシモワ。今年中にどこまでランクをあげるか注目だ。

 =WOWOWで連日生中継

アクセスランキング