zakzak

記事詳細

卓球・水谷隼が衝撃告白「この1年、ボールが見えなかった」 5年前から左目の視力低下

 卓球男子のエース、水谷隼(29)=木下グループ=が卓球専門ウェブメディア「ラリーズ」のインタビューで、自身の目の症状について「この1年、球が見えないんです」と告白、波紋を広げている。

 記事によると、試合中「特定の条件」の下で、球が消えたり、打球の音だけが聞こえるなどの症状が出るという。5年前から左目の視力が急激に落ち、近視と乱視の状態になったとし、「正直現役引退も考えていました」と述べている。

 水谷は2016年リオ五輪でシングルスで銅、団体で銀メダルを獲得したが、有力選手が集まる今月の「ジャパントップ12大会」では、張本智和(15)にストレートで敗退していた。

 水谷は25日、ツイッターで《アスリートの何が1番辛いかって負けた後は真実を語っても言い訳と捉えられてしまうこと》と投稿した。

関連ニュース

アクセスランキング