zakzak

記事詳細

マエケン電撃移籍! ツインズの魅力は

 大リーグでキャンプイン直前に超大型トレード!? 2018年ア・リーグMVPに輝いたレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手(27)がドジャースへ。それに伴い、ド軍の前田健太投手(31)がツインズへ電撃移籍か。

 1年中温暖なカリフォルニア州から厳寒のミネソタ州へ。全米第2の都市ロサンゼルスから地方都市ミネアポリスへ。ナ・リーグの超人気球団からア・リーグの田舎球団へ。しかし、私から言わせれば、最も魅力的なチームのひとつと言える。

 北欧フィンランドのように豊かな緑と無数の湖に囲まれた自然の美しさ。大河ミシシッピを挟んで隣接する風光明媚な双子都市ミネアポリスとセントポール。米作曲家リューランスで有名なミネトンカ湖-など、決して卵売りだけでない。

 そこに1961年、首都ワシントンからセネタースが移転し、双子都市にちなんでツインズと改称。大都市と比べて市場規模が小さい、いわゆる“スモールマーケット”ながら大規模のチームを次々と制圧。87、91年と2度の世界一に輝いた。

 特に91年のワールドシリーズでは、第6戦の延長11回に人気者カービー・パケットが劇的サヨナラ弾。第7戦でエースのジャック・モリスが延長10回1対0の完封勝利。球史に残る名勝負の末、前年最下位から世界の頂点へと上り詰めた。

 その後、2001年オフに球団削減の危機を乗り越え復活。昨年メジャー新記録の307本塁打を放ち、9年ぶり11度目の地区優勝。ただし、プレーオフでヤンキースに3タテを食らい、単独チーム相手に13連敗と不名誉な記録をつくった。

 そこで、常勝軍団ドジャースからベテラン前田を獲得。ワールドシリーズなど大舞台の経験があり、先発だけでなく中継ぎもこなす。また、ア・リーグは左の強打者が少ないので対戦しやすく、初対決のバッターが多いので有利に働くはずだ。

 中でも地区2連覇、さらに29年ぶりリーグ優勝するには天敵ヤンキースに勝ち、同い年でライバル関係にある田中将大に投げ勝つことが絶対条件。マエケンはミネソタで光り輝く北極星になれるか。(大リーグ評論家・福島良一)

関連ニュース

アクセスランキング