【ODAの第2捕手目線】中日ドラ1・石川昂は規格外! 木製バットも問題にせず、1軍での活躍を早く見たい - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

中日ドラ1・石川昂は規格外! 木製バットも問題にせず、1軍での活躍を早く見たい

 球春レポート第3弾。沖縄の北谷と読谷で古巣中日の1、2軍キャンプを取材してきました。

 印象に残ったのは、ドラフト1位ルーキーの石川昂弥内野手(18)=東邦高=の高校生離れした打撃です。

 昨春の甲子園やU-18日本代表での活躍など高校時代から注目してきた選手でしたが、バットが金属から木製に変わってもよさが消えていない。高校生がプロに入ってすぐは、木製バットの使い方に苦しんで時間がかかることが多いのですが、石川昂には全く当てはまりません。

 そして185センチ、95キロの体格。他の高校生ルーキーより一歩も二歩も先に行っているという印象です。個人的にはシーズンの早い段階で、1軍の試合でまとまった打席数を与えてあげたい。

 ですが、中日は一塁・ビシエド、二塁・阿部、三塁・高橋、遊撃・京田とけが人が出ない限り、内野のレギュラーは固まっています。ここに入り込む余地をつくれるか。

 右の代打要員として、ベンチに置いておくのはもったいない。現実的には2軍で常時試合に出ながら経験を積むということになりそうですが、それにしても「もったいない!」と言いたくなる。石川昂のスイングを見て、悪く言う評論家はいないでしょう。

 昨年のドラフト1位・根尾は、大阪桐蔭高時代の遊撃だけでなく外野にも挑戦していますが、石川昂には内野一本で勝負してもらいたい。目指すは「4番・三塁」のレギュラーです。

 取材の当日は節分。なぜか自分が鬼の役を仰せつかったのですが、石川昂は枡に入った豆を「申し訳ないです…」と恐縮しながらぶつけてくれました。アドバイスを聞き入れてまずはやってみる素直さを持ち合わせ、ひたむきに練習することが大好きというのが話してみた印象です。このルーキーが今季どんな活躍を見せてくれるか、注目していきたいと思います。(元巨人、中日捕手・小田幸平)

関連ニュース

アクセスランキング

×