zakzak

記事詳細

「代表的なアホや」新庄剛志氏のNPB復帰宣言に野村克也さんが送った“遺言”

 日米球界で活躍し、現役復帰を目指している新庄剛志氏(48)。2月に急逝していた阪神時代の恩師、野村克也氏が昨秋に復帰宣言を聞いて発した“遺言”を完全公開する。

 移住先のバリ島でトレーニング中の新庄氏は19日、自身のインスタグラムで西武・山川穂高内野手(28)のスイングを参考にしていると投稿。「この子のスイング好きだな!! 軸がぶれずにボールを打ちに行く前にグリップが少し上がり、そこで力が抜けて(間)が出来てる。バットの起動もアッパースイングに見えるけど、実はこの軌道が1番バットが最短距離に出る打ち方ばぃ!!」と記した。

 2007年限りで現役引退も、昨年11月にまさかのNPB復帰を宣言した新庄氏。当時の野村氏の反応は「代表的なアホや」というボヤきのみが伝わっているが、質問の当事者として全やりとりを再録したい。

 --新庄氏が復帰宣言した

 「代表的なアホや」

 --連絡は

 「ないよ。そんなもん、あるわけない」

 --47歳になった

 「獲るところあんの? 人間が絶対勝てないものに、時代と年齢がある。歳には勝てないよ、そりゃ。無理だ」

 --阪神監督時代に投手もやらせたし、足も肩もすごかった

 「天才だよ。頭はともかく…」

 --もう衰えているか

 「そうやろ」

 --夢を持つのは

 「勝手だよ」

 --野村監督は50歳まで現役をやりたかったと言っていた(西武で45歳で引退)

 「目標はいくらでも作れるけど、現実は難しい。無理だっ!!」

 新庄氏は「代表的なアホ」と言われた意味について、自身のユーチューブで「それは多分わざと。『もう1回プロ野球をやってみろ。やったらたいしたもんやぞ』という気持ちのコメントをしてくれたと勝手に判断した。どこまですごい人なんだろうなと」と独自の解釈を披露。質問の当事者からすると、とてもそんなふうには聞こえなかったが…。その果てしないプラス思考で、ノムさんが実現できなかった50歳まで現役をかなえてもらいたいものだ。(塚沢健太郎)

関連ニュース

アクセスランキング