zakzak

記事詳細

大谷やダルビッシュ以上の安定感! 田中将大は「球界2大巨頭」が激賞した男

 7月開幕のメドが立ってきたメジャーリーグ。エンゼルスの大谷翔平が二刀流復活なるか。故障で足踏み状態のカブス・ダルビッシュ有は飛躍できるのか。注目度の上がる日本人メジャーリーガーだが、一番はヤンキース・田中将大だ。日本球界の永遠のカリスマ・コンビを脱帽させた不滅の男だからだ。

 高校球界史上最大の甲子園狂騒局を奏でた“ハンカチ王子”早実・斎藤佑樹との決勝再試合を経て楽天入りした田中のプロ野球人生は、新人王、シーズン24連勝負けなしの偉大な新記録。そして名門・ヤンキースでローテーション投手。

 田中といえば、「マー君、神の子、不思議の子」の代表される楽天・野村監督(故人)の秘蔵っ子として知られる。が、20日に80歳の誕生日を迎えたソフトバンクの王貞治球団会長が、実はイの一番に太鼓判を押している秘話がある。

 「王さん、いきなり高卒1年目で田中は二桁勝利できますか?」

 こう問いかけたら、「もちろん、勝てるよ」と簡単にお墨付きを出した。

 「君たちマスコミはすぐに“高校球界最速”などと大騒ぎするが、ドラフト1位指名されるような投手のストレートの素晴らしさは当たり前だろう。高卒ルーキーで二桁勝利するには、真っすぐ以外で絶対にストライクを取れる変化球が必要なんだ。田中にはそのボールがあるからね」

 ルーキーイヤーに世界の王を脱帽させた田中は、日本球界ラストイヤーにシーズン負けなしという、前人未到の大記録を樹立。今度は世界の王と並ぶ不滅のカリスマである読売グループの総帥・渡辺恒雄・現代表取締役主筆に衝撃を与えている。

 夕刊フジは渡辺氏に3度、単独優勝インタビューを受けてもらっている。渡辺批判をした2011年「清武の乱」の騒動の際に、週刊誌で珍しく渡辺氏本人が清武GMに反論。その際に筆者の原稿を引用したということで、顔合わせ会となった。

 それを機に優勝インタビューを快諾し、12年のリーグ優勝、日本一、そして13年のリーグ優勝で実現した。

 「楽天との日本シリーズに勝ったら、またお願いします」と4度目の依頼をすると、あの強き一点張りの渡辺氏が、まさかの弱気。「楽天には勝てるような気がしない。24連勝無敗のマー君、田中がいるんだぞ。星野監督も侮れない」

 現在も名門ヤンキースのエース級として安定した成績を残す田中。日本球界の不滅のカリスマコンビをうならせただけのことはある。(江尻良文)

関連ニュース

アクセスランキング