zakzak

記事詳細

河本結 「ヒップターン+地面反力」でスピードアップ!

 ドローボールヒッターが圧倒的に多い女子プロの中で、河本はフェードボールを武器にしている。飛距離の面では、ドローボールの方が有利とされている。落下してからのランが見込めるからトータルで飛ばしやすい弾道ではある。

 河本は、体幹部が強く、ターンスピードが速い。そのため、キャリーで十分な飛距離を打ち出せる。そこで、よりシンプルな動きで再現性、コントロール性に高いフェードボールを身につけたのであろう。

 ドローとフェード。体重移動で分析するなら、前者が大きく、後者は少ない。バックスイングでは右足に、ダウンスイングからは左足に重心が移るのがドロースタイル。アドレスの重心をほぼキープして、その場でターンさせるのがフェードスタイルという分類もある。

 バックスイングで左肩を地面と平行に近くターンさせていくと、右足に重心が移りやすく、肩をタテ回転に近づけると重心移動は少なくなり、より強く捻転できる。トップスイングでは、ドロータイプが腰も地面と平行にターンしていて、フェードスタイルは右腰が左腰より高くなる。前者はドライバー型、後者はアイアン型ということもできる。

 ダウンスイングで両者の違いは顕著になる。腰のレベルターンでスライド(バンプ)させてから左腰を切り上げていくのがドロータイプ。河本は、右が高く、左が低い腰の角度をキープして、ダウンスイングに切り替える。この動きは、最新理論とされる“GGスイング”に近い。左腰をスライドさせることなく、左カカト側に引くようにターンさせる。こちらの方が、ターンスピードは速い。

 問題は、左腰をカカト側に引くと、左肩も一緒に動きやすくなり、カット打ちを誘発することで、アマチュアにとっては、よりスライスしやすくなる。

 壁を利用したドリルがある。壁が体の右側になるようにアドレス体勢を作り、体を捻り、左腕を伸ばして手のひらを壁につけよう。そして、左手が壁から離れないように左腰を左下にターンさせていく。左下にわずかに沈んだら、ヒザを一気に伸ばす。これなら左肩が開くことなく、「ヒップターン+地面反力」で爆発的なパワーがボールに伝えられるようになる。

 ■河本結(かわもと・ゆい) 1998年8月29日生まれ。愛媛県松山市出身。両親の影響で5歳からゴルフをはじめる。13年「四国女子アマ選手権」優勝。14年「伊藤園レディース」35位。17年日本体育大学入学(在学中)。18年プロテスト合格。19年「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」優勝。同年度賞金ランク6位。趣味は映画鑑賞、カラオケ。好きな色はピンク。リコー所属。163センチ。O型。

関連ニュース

アクセスランキング