日系4世の新星モリカワが単独首位! 米男子ゴルフ - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

日系4世の新星モリカワが単独首位! 米男子ゴルフ

 ◆米男子ゴルフ「ワークデイ・チャリティー・オープン」第1R(9日、オハイオ州ダブリン・ミュアヘッドヴィレッジGC=7363ヤード、パー72)

 初日単独トップに立ったのは日系4世のコリン・モリカワ(23)。

 最終18番で第2打をグリーン脇のバンカーに入れ、この日唯一のボギーを叩いたが、1イーグル、6バーディー、1ボギーの65。

 「グリーンは小さいがショットがよかった」と笑顔を見せた。

 世界アマ1位の実績を残して2019年にプロ転向。6試合目の「バラクーダ選手権」で初優勝を遂げた成長株。

 プロ転向後、22戦連続で予選通過を果たしタイガー・ウッズの25試合連続予選通過記録を追っていたが、「トラベラーズ選手権」(6月25-28日)で予選落ちした。

 それでも、「家族やガールフレンドと一緒に過ごし、リラックスした。明日も18ホールを集中して回りたい」と話した。

関連ニュース

アクセスランキング